猛暑が続いていますがいかがお過ごしですか?小野は何とか体調も崩さずこの暑さを噛みしめてw過ごしております。
さて先日初対面の方に「イメージコンサルタントとパーソナルスタイリストの違いは?」という質問を受けました。
両者とも大まかにひと言で表現すると非言語コミュニケーションに関わる主に「外見上」ことを提供していることは確か。
約8年前、イメージコンサルタントについてこのような内容をブログで述べていました。

イメージコンサルティングとは?

言語・非言語コミュニケーションについて

今現在イメージコンサルタント、そしてパーソナルスタイリストを名乗っている方が飽和状態になってきているということ、そして人により提供内容多様となってきたため、いつかこのような質問をされる時が来ると感じておりました。
良いきっかけなので今現在この両者の違いを小野の視点でまとめてみることにいたしました。

イメージコンサルタントとパーソナルスタイリストの両者の名称は「ラベル」。そしてラベルとは?

へっ?「ラベル」って何?と思いますよね。
ラベルは「名前」。表面上の言葉の表現です。
この表面上のラベルを見て、で各々思い浮かべるものが違ってきます。

ラベルの例え話

例えばボトルに貼ってある「body soap」というラベルがあったとしましょう。

中に入っているものはボディソープに違いないのは確か。でもどんな香りのボディソープなのか分からない。
シトラスなのか?ラベンダーなのか?または無香料なのか?など。

この例え話しで何をいいたいかのか?それは
イメージコンサルタント、パーソナルスタイリストの方がたそれぞれ提供しているものが同じような内容だったり違うこともあるということ。

イメージコンサルタントとパーソナルスタイリストどちらに仕事を依頼したらよいのか?迷ったら

まずはそのイメージコンサルタント、パーソナルスタイリストの方のラベルの奥を確認しましょう!

外部の方からみたら、どちらも同じような感じがしてわからない!という方が多いこととお察しいたします。
迷われたらまずはずばり、

どのような内容を提供しているのか?
どのようなことが得意分野なのか?

確認するといいでしょう。

人によってはパーソナルカラー、装いのコーディネート、ポージング、メイクなど得意分野があるはずです。
ちなみに小野は外見的要素であるカラー、形(←イメージに通ずる)装いが得意分野であるのでカラーイメージコンサルタントを名乗っております^^

最後に思ったこと

ラベルに惑わされて「失敗した!」という話しを聞くこともあります。
これはイメージコンサルタントを名乗るひとりの者として、自分が何を得意として提供させていただいているということを明確に発信する必要性を感じ、反省をいたしました。
また外見上のイメージアップを図るために、イメージコンサルタントもしくはパーソナルスタイリストどちらに依頼したら良いのか?迷った場合は遠慮せず、どんなことが得意分野なのか?どのような内容を提供しているのか?確認されてくださいね☆
いつでも貴方の外見上のイメージアップを応援いたします!

ブログ内の関連記事

似合う色を見つけるためのヒントを教えてください!と猛プッシュされ、今回ちょっとしたヒントを書き綴ります。
似合う色を見つけるキーとなる色があるのです。それは

「肌なじみの良いピンク色」

ピンク色は世の中にたくさん存在します。
その中で肌なじみの良いピンクが判れば、上手に他の色である黄、青、緑などの似合う色も見つけることができます。

それは肌なじみの良いピンクは「人の血色」に通じるから。そして血色の色と性格の似た色は似合いやすい色なのです。
おのは自分の血色のピンク色を知り、洋服、メイクなどの色選びの幅が広くなりました。

さてあなたの血色のピンク色はどんなピンク?

ブログ内の関連記事

2018年FIIAワールドカップがロシアにて開催!

サッカーファンはもちろん、サッカーに馴染みのない人も4年に1度のことであって目が離すことのできない大会なのだと思われます。

その中で職業病なのでしょうか。。。おのがこのワールドカップで注目してしまうこと。
それは日本代表選手たちが身に着ける
「オフィシャルスーツ」。
ほんと、カッコいいんですよ!

サッカー日本代表のオフィシャルスーツブランドは?

スーツブランドはイギリスのブランド「ダンヒル」。

※どのようなスーツなのか?こちらのサッカー日本代表・本田選手の写真がわかりやすですね。
ネット上の画像を拝借させていただきました。ありがとうございます。スパシーバ。

ダンヒルは大切な場面を挑むスーツとして「SHOUBUHUKU(勝負服)」として2000年より日本代表のオフィシャルスーツを手掛けています。
今回はスリーピーススーツ(ジャケット、スラックス、ベスト)。皺になりにくい素材を採用しているとのこと。
サッカーボールを思わせるデザインのネクタイ。
(↓よくみると白のドット部分がサッカーボールに見られる多角形)

そしてネクタイに続きタイバー、ポケットチーフ、ベルトを展開。


※スーツとシャツは全国ダンヒルブティックにて販売。5、6月はポップアップストアでオーダー可能。ネクタイ、チーフなどのアクセサリーはdunhill.comにて購入可能とのこと。

サッカー日本代表オフィシャルスーツを眺めて思うこと3つ

●1つめ
スーツは機能性、デザイン性も大切な要素。
それに加えてスーツを身に着ける際に最低限念頭に置きたい大切な要素は
「その人にフィットしたサイズのスーツを身に着けること」
「全体のバランスを考えて身に着けること」
に尽きると感じています。
良いスーツを身に着けていたとしても髪型や靴、バッグなどを含めた全体のバランスが整った時にはじめてそのスーツの良さがさらに発揮するのだと感じます。
全体のバランスが整ったこと同時に並行してそのスーツを身に着けた本人の良さもさらに引き立つのだと。

※こちらの画像もネット上よりお借りいたしました。

●2つめ
ダンヒルはイギリスのブランド。できれば将来日本のスーツブランドで勝負できるようになればなぁ。。。と思ってしまいます。
日本では腕の良いビスポークを手掛けられているお店もあるのでしょうが、世界的に認められている老舗スーツブランドが育ちにくいのが現状なのでしょうか。。まだ日本はスーツに関して歴史が浅いのかな?リーズナブルなブランドはありますが、もうちょっとグレードを感じられる厚みを感じるスーツブランドが増えることを願っているのですが。
いずれにせよ、日本発ブランドのオフィシャルスーツをビシッとカッコよく身に着けたサッカー日本代表選手達を見てみたいということがおのの願い☆

●3つめ
公式といった場での露出が多ければ多いほどその場に合った身だしなみという装いは大切にしなけばならないこと。見た目だけじゃダメじゃないか!という意見の方もいると思われますが、特に世界レベルとなるとその世界レベルに合わせた装いは必要。それは世界レベルの人たちへの礼儀や気遣いなどへ繋がると思えるから。
また日本代表の選手としてこの世界大会の舞台は特別な意味を持つので、応援する日本の私たちがその代表選手を見た時、大いに応援、後押しをする気持ちにさせてくれる=そのスーツを身に着けている選手たちの自信やモチベーションをも上げるスーツの装いは必要だなぁと思えるのです。

何はともあれ、このロシアでのワールドカップで勝ち負けどちらに転んでも今後の日本サッカーの更なる発展となる機会を掴んでいただきたいと願っています☆

ブログ内の関連記事

 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 39 40 41 次へ