深夜番組にて。
おそらく11月中旬くらいだったのかな?

「おやじファッションをモデルが着たらどうなるのか?」

というような内容のものを眠気眼でぼんやり見ていました。

おやじファッションは、実際に競艇だか?ギャンブルの場所にいる方たちに TVスタッフが声をかけ、
おやじリアルファッションアイテムお借りする。 そのアイテムを男性モデルが身につけるというもの。
その結果は・・・

「モデルが着ると、おやじファッションにならなくなる!」
素晴らしく着こなしている。 いっちゃあ悪いのですが、
そのファッションアイテムの主が着ていたものだったの? と忘れてしまうくらい見事!でした。

ここでこの文章を読んで、
「モデルはスタイルも顔もイケている人が多いし、 一般人とは違うから当たりまえじゃん!」 と思ったあなた。

わたしも番組の前半はそのように思ったのです。
しかし、ちょっと違うような気がしました。

モデルさんは職業柄、いろんな装いをする必要もあるし、
ただ服を着るだけではなく、
「どのようにしたら、 より良くこの服をより良く見せることができるのか?」
ということを考えていらっしゃることも 理由のひとつとして上げられるのではないのかな?と感じました。

モデルさんのお仕事は、
単に自分が目立てばいいというものではなく、
与えられた洋服などの対象物のPRに関わるお仕事が主です。

そして、モデルさんは装いということに興味をもっている方が多いのではないのでしょうか?

興味を持つと人はいろいろ工夫を凝らすものです。
仕事も絡んでいますし。
それはプロですから心がけは半端ではないのでしょう。

モデルではない人たちも
「ただ着ればいい」から 「どのような意志を持って装うのか?」

この心がけがあるのとないとでは、
同じものを身に着けていても、 輝きが違って見えますよ!きっと

ブログ内の関連記事

ハロウィンが過ぎ、街のディスプレイはクリスマスカラーに彩られてきました(早!)

上記の画像は川崎ラゾーナのエントランスでございます。
遠くから見るとキラキラ輝き、視線が引き付けられます。
なんだかわくわくしますよね★★★

通常、クリスマスの配色というと「赤」×「グリーン」が定番として上げられます。
今回の川崎ラゾーナ
エントランス・クリスマスディスプレイの色の組み合わせは 「ゴールド」×「グリーン」であります。
※下記はエントランスのディスプレイに近づき写メしたものです。 ゴールドと緑の組み合わせが美しい★★★

ほほ~。これはいいかも! と思ったのは
「見え方のバリア・フリー」を思いついたから。

人により、色の見え方に個性というものが存在します。
生まれ持って、赤、緑の識別が難しく感じる方がいるのです。
赤、緑の識別が難しく感じられる個性を生まれ持った方は
赤と緑は純色(もっとも純粋な色のこと)では、
色の明るさの度合いが同じくらいですので 識別がさらに難しいのです。
(赤と緑の純色をモノクロ写真の世界と置き換えて 想像されるとわかりやすいかも)

ですので、ゴールドは黄色に近い色です。
黄色は明るさの度合いが高いので、
(黄色をモノクロ写真に置き換えると 白に近く写りこむ)
赤と緑の識別が難しい方にとっては 見えやすい組み合わせとなるのではないのかな~と。

ゴールドと緑は明るさの度合いに幅があるので 、
【明度差のあるコントラスト】の効いた組み合わせとなるのです。

圧倒的に多い健常者と呼ばれる人のための色の組み合わせから、
見え方の個性のある人までも楽しめる色の組み合わせも 世の中に浸透しつつあることを願っています。

「色の組み合わせにも思いやり・愛を

ブログ内の関連記事

 昨日、日頃お世話になっています、 マインドマップインストラクター・伊藤氏、
そしてこのブログを作ってくださった、
PLACES・堀内さん、竹田さんが 気まぐれで開いた「鍋の会」へいらしてくださいました♪
お忙しい中ご足労いただきまして ありがとうございました。感謝!

御三方はユニークで知的。会うたびに感心させられます。
ということで、久々に御三方にお会いし刺激を受けたことと、
お鍋の炎を眺めていたこともあり、
ブログも楽しみながらがんばって(?) 投稿を増やさなくては!というやる気がメラメラと湧いてきました。
次回は大人数にて会を開こうと思います♪

ブログ内の関連記事

 前へ 1 2 3 ... 29 30 31 32 33 34 35 36 37 次へ