日頃、 人それぞれの生まれ持った 「色彩」と「カタチ」 を拝見させていただいています。
しかし、 この2つを把握したからビジュアルupしたのも当然! ということはないのです。
この生まれ持った 「色彩」と「カタチ」を把握することは ビジュアルupを目指すための基本となることの ほんのひとつだから

これまでコンサルティングを通して感じたことは、 ビジュアルup前に必要なことは2つ
それは、 上記で述べた、
①自分自身の生まれ持った 「色彩」と「カタチ」 を把握すること
そして
②グルーミングを見直すこと この2つを押さえることにより、
はじめてビジュアルupの計画を果たせる スタートラインに立つことができる
のです。
①、②については 後ほど順を追ってブログでお知らせいたしま~す  

ブログ内の関連記事

色に関わる仕事をしてると必ず聞かれることのひとつ。
「癒しに効く色は何色ですか?」
一般ではブルー系は癒しの力があるといわれています。 そうなのかもしれません。
でも全部が全部、この判断をしてしまってもいいのかな?と 個人的に感じています。
ではこのカラーサークルの色たちを眺めてください。
この中で 「心が和む」 「気持ちが落ち着く」 「癒される」 と感じられる色は何色ですか?
なかった場合、自分のイメージの中で 柔らかな気分になる色を探してみてください。

「これだ♪」と感じた色は あなたの今、必要な癒しの色の可能性があります。

私たち人間は「気分」に左右される生き物です。
「気分」は 「身体の調子」、「精神の調子」によって ころころと変わります。
これと平行して、 「癒される」と感じる色も変化するものです。

ちょっと疲れたな~と感じたとき、
「この色を感じたり、思い描くと 気分が緩やかになる」 という色を
そばに置いて眺めたり、 イメージの中で思い描き、 その感覚を感じてみてください。

このことを続けることによって、 あなたにとっての癒しの色が時間とともに 変化し続けていることに気がつくことでしょう。

癒しの色とは? 人それぞれの気分によって変わるもの。

うまくその色を日々取り入れてみることも ひとつの気分の調整に役立つのではないのかな?と 思っております☆

ブログ内の関連記事

似合う色を把握すると、どうしても 「洋服」へ走ってしまいがち。 その気持ちはよ~くわかります。

しかし、似合う色を把握したら まずファーストステップとして、
『顔の近くに似合う色』チョイスしていただきたいのです。

特に女性の場合、
『メイクアップカラー』
に似合う色を用いることを強く!お勧めいたします!
それはメイクアップカラーは、 「顔の近く」ではなく、 「顔の上」に乗せるものだから
顔の上ですから。 それは良くも悪くも、 顔映りの影響は強く現れるのです。
小野自身が実験してみました! 下記の画像をご覧ください。
同じ日時、同じ光源の元で撮影したものです。
「Before」は小野が苦手とするカラーの口紅を使用。 「After」は小野の似合う色の口紅を使用。
自分でもびっくり@@! 顔映りの明るさや、生き生き度が違う!

・・・どうでしょうか? 口紅ひとつでも顔映りの印象が違ってきます。
似合う色はその人の表情を明るく、生き生きさせる効果があります。
それは自分の生まれ持った「血色」と調和するから。 ほんのちょっとの色のチョイスで 人に与える印象が違ってきます。

女性に生まれたからには、 メイクアップカラーを自分の見方にする特権を 大いに活用しなくちゃですね

ブログ内の関連記事

 前へ 1 2 3 ... 29 30 31 32 33 34 35 36 37 次へ