オーバー36となると。
外見的に

・若々しく見える人
・そうでない人(そうでなくなる人)

この分かれ道とは? 3つ上げられるのではないのかな~と思われます。

その①
:肉体の衰えに対して、 どのように向き合って対処してゆくのか?
36歳を過ぎると、個人差があるとしても、 確実に肉体は衰えてきます。
若かりし頃、美男美女という
先天的容姿に恵まれていても、 みんな衰えてゆくのです。

先天的に容姿に恵まれていても、
36歳を過ぎると、 後天的要素がものをいうような気がします。

例えば、小野は30代半ばまでは、
どんなに飲んでも食べても身長161cmに対し、
体重は40kg前半くらいでした(今じゃ考えられない・・・)

しかし!それ以降はそうもいかなくなりました(涙)
人の身体は年を重ねるごとにエネルギー代謝が低下します。
ですので、10、20代の頃のような無茶食いをしてしまうと、 エネルギー代謝が衰えているのですから、
食べてエネルギーに変えることの出来ない余分なものは 身に付いてしまうのです。

何をいいたいのかというと、

10代、20代、30代前半の身体に対しての行いは、
年を重ねるごとに通用しなくなる

と思ったほうが良いということです。

つまり、
年を重ねたら重ねた成りの 自分の身体に合った対処をする必要が出てくるということです。

運動、食べ方もしかり、 若い頃からチョイスしていた基礎化粧品を見直すなど。
若々しく見える人に話しを聞くと、
天然であっても、意図的であっても、
その人にとって理にかなった対処を行なっています。

車だって、未来永劫、新車ではないということと同じ。
車を長く乗り続けたいのであれば、車の調子に合わせて メンテナンスをする。

自分の身体は衰えてゆくことは当然のこと。
だからこそ自分の身体を大切にメンテナンスする。

このことを心がけるだけでも、
年を重ねても無理なく若々しく見えていられるのではないのかな?
容姿だけのことではなく、

年を重ねても生き生きと過ごしたい★★★
わたしもがんばります

その②は後日につづきます

ブログ内の関連記事

一見、恐ろしいことを彷彿させるお題です。
小野自身の戒めも込めて。(SでもMでもありませんが^^;)

先日、こんなことがありました。
実家近くで信号待ちをしていたところ、 信号の向こう側で 「おのさ~ん!!!」と叫ぶおばさんの姿が。
おのという苗字は珍しくもないので、
すました顔をして信号を渡ったら、 そのおばさん、おのの腕をむんずと掴み、 うれしそうに、

「おのさん!わたし、わたしよ、Tよ!久しぶり~♪」 ・・Tさん???
あっ。 小学校の同級生だったTさんだぁぁぁぁぁぁ。。。
・・・ごめん、気がつかなかったよ(涙) 申し訳ないけれども、ちょっと悲しくなりました。。。

彼女、小学校のときは可愛くて有名だったから。 苦労しているのかな?と勝手ながら想いが過ぎりました。
(その後地元の人にTさんに会った話したら、 彼女は実家で旦那さんと共に家族一緒に生活し、
アパートなどの不動産経営などして 近所でも裕福な生活ぶりらしい。
苦労しているということは、 勝手なおのの妄想でした。Tさん、ごめん。。。)

この出来事をきっかけとして 周りを見渡すと、
オーバー36となると外見的に既婚、未婚関係なく、

・若々しく見える人
もしくは、
・そうでない人(そうでなくなる人) この2つの道に分かれる気がいたします。
その原因とは? おおまかに3つ上げられることと考えます。

後日、ブログ上で①~③の順に勝手ながら述べてまいります★ 

ブログ内の関連記事

毎年年明けに、 個人的に どうしても身につけたくなるカラー。
それは、 「明るさとクリアーさを感じるカラー」 です。
昨年末まではダークでシックなカラーの中に、 輝く要素のものに魅かれていたことは確かですが、
年が明けると気分の切り替えを欲するのでしょうね。
カラーを取り入れることは 装いだけのことに限定しません。
で、今年は手帳とペンを 「明るさとクリアーさ」の効いたカラーでまとめました。
手帳は 濁りのない鮮やかなイエローとブルーのライン。
(この組み合わせは補色配色。 ですのでパキっとメリハリが効きます)
ペンは 大好きなカラーである ターコイズブルー。

「このカラーは○○に効果がある」 ということにはこだわらず、
自分のときめくカラーを選択。
少しのことですが、 結構テンション上がりますよー^ ^ / ♪

今年も手帳も、 ブログもはりきって書きこみます。 お付き合いの程、 よろしくお願いいたします

ブログ内の関連記事

 前へ 1 2 3 ... 24 25 26 27 28 ... 34 35 36 次へ