カテゴリー:スタイルについて

春となり、やり直しや新たなスタートをきる方が多い時期。
また装いも考え直したい気分になる時期でもあるようです。
装いってひと言でいうと「ラッピング」に近いかも。

どんなに中身が良かったとしても、 ラッピングひとつで誤解されたり、 良さが伝わらなかったり。
ここぞというときに、 手に取ってもらえるように。
人に少しでもわかってもらえるチャンスを得るために。
時には戦略的に装いというラッピングを 練ってみても良いのかもしれない。
戦略が上手くいった後が本当の勝負。
健闘をお祈りいたします★ ラッピング☆

ブログ内の関連記事

注文したワンピース、仕上がりました♪ CIMG1383
の人のサイズに合ったもの、 そしてベストな色を把握していると 思い切った色も選べます。
安心な上に更に気分は上がりますね。
色だけではなく、
素材感、柄の大きさも大切デス。 CIMG1384
これからまたデザインを練ります!

ブログ内の関連記事

装い上・身体的特徴を知るということ
それは生まれ持った身体的個性を装い上で コントロールしやすくなるということ。

人によって身体的特徴を知ることは 「自分の身体的コンプレックス」と向き合うことになります。
時としてコンプレックスと向き合うという痛みを伴いますが、
自分という素材を知らないと、
どんなにお手軽なものでも、
どんなに高価なブランド品で身を固めたとしても、
何だかピントが外れてしまう

料理で例えると、 使う素材の特徴がわからないと、 美味しい料理ができませんものね。
画像は小野が苦手なドルマンスリーブ。(←ほとんど身頃と一体になったような袖のこと。袖付けが広いのが 特徴)
この温か味のあるイエローは似合う色なのですが、
形がだめだめ(××)素敵なのですが。。。 カラーラグランスリーブニット
なぜなら、小野の身体的特徴は 「肩に丸み」があるから。
ドルマンスリーブのような肩が落ちているものを身に着けると、 身体的特徴である肩の丸みを更に強調してしまうから。
流行りなので着たい!という気持ちが先立って着てしまうのですが、 いつも着ては後悔する代物です(涙)

ドルマンスリーブを身に着けるときは それなりのことを計算して身に着けます。 もしくは避ける(苦)

計算して身に着けることってストレスを感じてしまうので ドルマンスリーブは似合う人に任せよう!
だってドルマンスリーブの似合う人は小野の似合うものが苦手だから(笑)
苦手なものを避けることも、コントロールすることですよね。

時として無い物ねだりに成りがちだけれども、
みんなそれぞれ違った特徴がある
だからこそ自分の身体的特徴を知り、胸を張って、
自分の得意なものを身につければ問題なしなのだと思います

ブログ内の関連記事

 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 10 11 12 次へ