カテゴリー:カラーイメージコンサルティング

仕事の合間に。気分転換として。
3月2日まで江戸東京博物館で展示されていた 「大浮世絵展」の書籍を眺めています。
実際に大浮世絵展を鑑賞し、 ひとつ印象に強く残っている浮世絵があるのです。
それは 鈴木晴信作「雪中相合傘」
派手さはないのですが、 なぜか惹かれてしまいます^^。 雪中相合傘

この浮世絵を見るたびに思うこと
それは、 「神は細部に宿る ということ。

男女が黒と白の着物をまとっています。
黒白のコントラスト。 目を引く要素は大いにあることは確か。
でもでもよく見ると、女性の着物は白ではなく、 最も白い部分は傘や木に積もった雪などだったりする。

また女性の着物をよくみると、薄らと模様が施してあります@@。 雪中-ズーム

浮世絵って線で表現されているので、 見方によっては とても簡素で単純に見えてしまいますが、
よ~く見ると細部まで計算されて表現されているものが多い

「神は細部に宿る」。。。

浮世絵だけではなく、私たちのまわりにあるものなどで なぜか心惹かれるものって、 よ~く観察すると、
細部まで気を使っているものが多かったりする
装いに関しても同じことが言えるのかな?と。

身にまとう服、時計、アクセサリー、靴、鞄、メイク、髪型、指先、香り。。。
この雪中相合傘を眺めれば眺めるほど

「神は細部に宿る

という言葉が頭の中で 繰り返し響いている感覚に陥ってしまっています

ブログ内の関連記事

装い上・身体的特徴を知るということ
それは生まれ持った身体的個性を装い上で コントロールしやすくなるということ。

人によって身体的特徴を知ることは 「自分の身体的コンプレックス」と向き合うことになります。
時としてコンプレックスと向き合うという痛みを伴いますが、
自分という素材を知らないと、
どんなにお手軽なものでも、
どんなに高価なブランド品で身を固めたとしても、
何だかピントが外れてしまう

料理で例えると、 使う素材の特徴がわからないと、 美味しい料理ができませんものね。
画像は小野が苦手なドルマンスリーブ。(←ほとんど身頃と一体になったような袖のこと。袖付けが広いのが 特徴)
この温か味のあるイエローは似合う色なのですが、
形がだめだめ(××)素敵なのですが。。。 カラーラグランスリーブニット
なぜなら、小野の身体的特徴は 「肩に丸み」があるから。
ドルマンスリーブのような肩が落ちているものを身に着けると、 身体的特徴である肩の丸みを更に強調してしまうから。
流行りなので着たい!という気持ちが先立って着てしまうのですが、 いつも着ては後悔する代物です(涙)

ドルマンスリーブを身に着けるときは それなりのことを計算して身に着けます。 もしくは避ける(苦)

計算して身に着けることってストレスを感じてしまうので ドルマンスリーブは似合う人に任せよう!
だってドルマンスリーブの似合う人は小野の似合うものが苦手だから(笑)
苦手なものを避けることも、コントロールすることですよね。

時として無い物ねだりに成りがちだけれども、
みんなそれぞれ違った特徴がある
だからこそ自分の身体的特徴を知り、胸を張って、
自分の得意なものを身につければ問題なしなのだと思います

ブログ内の関連記事

装いの買い物はワクワクする。
洋服好きは正にそう。
また自分の似合う色やファッションタイプを知ると すぐにでも買い物したい!という楽しい気持ちになることは確か。

買い物って面白いもので、 思っている以上にこれまで蓄積された「癖」が出てくるもの。

人により、 その買い物の癖を訂正するアドバイスをすることも時にはあります。
これまで繰り返したものを変えるという行為は たかが洋服を購入することでも

色んな形で「抵抗」が起こってくるものです。

これまで自分が選んできたものが間違っていて、 これまでのことが否定されている などと思われ、
抵抗を露わにするお客様もいらっしゃいます。
これは毎回、現れ方は違っても起こる現象。 おの自身も時により起こる現象でもあります。

自分が経験したことを挙げてみると、 意外と

自分が「これが自分にピッタリする」と思っているもの以上に、
他の人が「こちらがいいよ!」と勧められた、 いままで自分の中になかった思いもしない、
素晴らしい「新たな引き出し」 あったりするのです。

いままで自分が選択して積み上げてきた引き出しを全部捨てろ! ということではなく、

自分がいままで気付くことのなかった
新たな引き出し」
を受け入れてみてもいいのだと思う
のです。

カラーイメージコンサルタントして、 時にはお客様に疎ましく思われてしまっても、
その方が気付いていない、 新たな引き出し」 提供することもひとつの使命だと思って業務に励んでいます。

今すぐその「新たな引き出し」を受け入れられない、
使う気分になれなくても、 人生はいろいろなことが起こります。
装い上のことでも、 この先に出会う、いろんな場面などで活用できる、
「いろんな引き出し」を持っていてもいいのかなと思うのです 【ブログ用】装いの引き出し画像★

ブログ内の関連記事

 前へ 1 2 3 ... 7 8 9 10 11 ... 15 16 17 次へ