カテゴリー:カラーイメージコンサルティング

『メイクカラー用品 選択注目ポイント』として

その①「アイラインの色」
黒髪である日本人であっても、 良く観察すると、 ブラウン派 or ブラック派 に分かれる

その②「見た目の色だけではなく実際に試すべし」
イクカラー用品は見た目のみで選ぶのは危険。
実際に肌に乗せて見ること それは人の体温などによって色味が違って見えることがあるから 以上を紹介いたしました。

今回「その③」は、
『血色の色はどちらに近いのか?』
について紹介いたします。
「血色の色」は大まかに下記の2つに分けられます。
自分の血色の色がどちらに近いか判れば、 上手にカラーメイク用品の色を選ぶことができるのです。

上記の画像をご覧ください。
自分の血色の色が判れば、
チークはもちろん、 リップ、アイシャドウ、ファンデーション、アイラインなど、

自分の生まれ持った色と自然に調和するメイクカラー用品を 上手に選ぶことが容易くなります

「自分の血色の色」を知ることは、 メイクカラー用品を選択することにだけに限定することではありません

男性に対しても大いに役立つことでもあります
例えば、ヘアカラーの色の選択
そしてネクタイの色選びなどにも大いに関わることです。

ONOは自分の血色の色を知ってから、 顔色が悪い!といわれることがなくなりました。
そしてメイクカラー用品に関わる迷い、 煩わしさから解放されました  

メイクカラー用品は良くも悪くも、
顔映りに大いなる影響を与えるものであることは確か。

自分にマッチしたメイクカラー用品をチョイスして、
いままで気がつかなかった、
自分の新たな一面を発見する喜びを体験される方がいらっしゃることを 願っています

ブログ内の関連記事

前回、【その①】ではアイラインのカラーについて。
黒髪、黒い瞳の持ち主である東洋人といえども 「ブラウン派」と「ブラック派」 のどちらに分かれるということについてお伝えしました。

今回は【その②】メイクカラー用品 
選択注目ポイントとして。
「見た目の色だけではなく、 実際に試すべし☆」

下記の口紅の断面をご覧ください。
これは「朱色」といわれる色味の口紅。
2つとも見た目は、暖かみを感じる色味の赤です。
この2つの口紅を手の甲に乗せてみると・・・

手の甲上部に載せた口紅は見事に見た目の色とは違う、
「青みががった赤(青みのピンク)」色に変化
しています。

そうです。
メイクカラー用品は、
はじめて人肌の上に乗せてみないとわからない
のです。

人の体温によって色の発色が違ってくることが多いのです。

えっ・・・こんな色?と思っても、実際に試したら 見た目と違ったより良い色合いに発色することもあるのです。

あたり前といわれれば、当たり前のことなのですが、 洋服の試着と同じように、
メイクカラー用品も

「見た目の色だけではなく、 実際に試すべし☆」

世の中には、メイク用品上でも数え切れないくらいの色で溢れています。
その中で、自分とマッチしたメイクカラーを見つけ出すことは 自分ひとりで見つけることは人によって困難なこと。
ONOも困難だった者のひとりでした。
なので、数多く世の中に溢れているメイクカラーの中で
自分にとってマッチするメイクカラーを見つけ出したときの 嬉しさはなんとも言えないものでした。

あなたにマッチしたメイクカラーに出会うことを祈っております

ブログ内の関連記事

昨今。 女性のネイルに対しての意識がさらに向上しています。
ジェルネイルを施している方がONOのまわりで 半数を占めてくるようになってきました。
女性はキレイにすることや、 キラキラキレイなものが好きですからね^^
ネイルに美しさを求める気持ち。よ~くわかります!
友人たちのキラキラネイルを眺めつつ、 ひとつ、好奇心がわいてきました。
それは 「男性はこの女性のキラキラネイルをどのように思っているのか?」

調べたところ、 男女では「ネイル」に関する意識が大幅に違うことが判明!

詳しくはこちらのアンケートをご覧ください。 『ネイルのおしゃれ』に関するアンケート
※インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチDIMDRIVEでの 「ネイル」についてのアンケート調査より
(アンケート実施は約4年前のもの。 現在は女性のネイルサロン利用率は 増加していることと思われます)

このアンケート結果を見て、
女性がどんなにネイルに気合を入れても、そうでなくとも、
「男性の8割りは女性のネイルに無関心」 (=意識してチェックしていない) ということ。

この結果を知った上で、
ONOの知り合いである男性たちに 「意識して女性の爪を見ているか?」 を聞きまくりました!

その結果、 「見るわけないじゃん」、 「見ていない」、 「そんなこと気にしていない」 との回答が。。。

そして、 「ゴテゴテの3Dネイルは意味がわからん」 と不評。

では爪でなく、 どこを見ているの?聞き返したら、
「顔」、「容姿全体」、「胸」 の回答を多くいただきました^^;

男性は爪に対して、 見ていない、興味がない方が大半であ
ということは明確ですね。

で、ここで、ですね。

男性へ捧ぐ、 気をつけた方が良いこが浮上しました。

それは
「女性は男性が意識していない爪を 必要以上にちゃんと見ている(チェックしている)ということ」

それも爪をキレイに整えている女性ほど、 チェックしていますよ!

人は自分の感心があったり、 手に掛けていることものほど、 目が行きますよね。
(例:車好きの人は他人様の乗っている車に感心をむけることと同じ)

あと女性たちの間のトークで 男性へ対して、
「爪は清潔に保ってほしい」 という願いがあることは確か。

それは女性特有の生理的なものだと思うのです。
どんなことかと申し上げますと、
女性は爪を含め、身なりをキレイにしている方が多いのは 子どもを産み、育てる という本能があるため
「清潔」に保ちたいというものが根本に備わっているように考えられるからです。

男性へ、 自分の爪をピッカピッカにして~ということではないのです。
ささくれのケア、 爪を切る、 爪先を爪やすりで整える

このことだけでも心がけていただければ、
まわりの女性たちは口で表現しなくとも、 感じの良さを評価していただけるのではないのかな?と思われます。

ブログ内の関連記事

 前へ 1 2 3 ... 10 11 12 13 14 15 16 17 18 次へ