カテゴリー:色について

ハロウィンが過ぎ、街のディスプレイはクリスマスカラーに彩られてきました(早!)

上記の画像は川崎ラゾーナのエントランスでございます。
遠くから見るとキラキラ輝き、視線が引き付けられます。
なんだかわくわくしますよね★★★

通常、クリスマスの配色というと「赤」×「グリーン」が定番として上げられます。
今回の川崎ラゾーナ
エントランス・クリスマスディスプレイの色の組み合わせは 「ゴールド」×「グリーン」であります。
※下記はエントランスのディスプレイに近づき写メしたものです。 ゴールドと緑の組み合わせが美しい★★★

ほほ~。これはいいかも! と思ったのは
「見え方のバリア・フリー」を思いついたから。

人により、色の見え方に個性というものが存在します。
生まれ持って、赤、緑の識別が難しく感じる方がいるのです。
赤、緑の識別が難しく感じられる個性を生まれ持った方は
赤と緑は純色(もっとも純粋な色のこと)では、
色の明るさの度合いが同じくらいですので 識別がさらに難しいのです。
(赤と緑の純色をモノクロ写真の世界と置き換えて 想像されるとわかりやすいかも)

ですので、ゴールドは黄色に近い色です。
黄色は明るさの度合いが高いので、
(黄色をモノクロ写真に置き換えると 白に近く写りこむ)
赤と緑の識別が難しい方にとっては 見えやすい組み合わせとなるのではないのかな~と。

ゴールドと緑は明るさの度合いに幅があるので 、
【明度差のあるコントラスト】の効いた組み合わせとなるのです。

圧倒的に多い健常者と呼ばれる人のための色の組み合わせから、
見え方の個性のある人までも楽しめる色の組み合わせも 世の中に浸透しつつあることを願っています。

「色の組み合わせにも思いやり・愛を

ブログ内の関連記事

今年眺めの良いところへ引越しをしたことがきっかけとなり、
『空模様』を観察することが日課となりました この画像はある夕方の空模様です。
マゼンタ色(鮮やかな赤紫)と鮮やかさのある青紫の 配色が美しい
洋服やデザインなどの配色って 場合によって悩むことがありますよね~
その時は自然より配色のヒントをいただくことがあります。

自然はハッとするような思いもつかない配色を わたしたちに見せてくれます。
世の中にある美しい!と思う配色は 自然界にある配色から見られることが多いのです。
空模様もそうですが、 自然からの配色の贈り物は二度と同じものを 再現することはできません。
まさしく自然からの贈り物です★

ブログ内の関連記事

部屋にあるマリメッコのパネル★
色と植物柄に惚れ購入☆花の部分は「ラベンダー」。
葉と茎の部分は「緑」と「黄緑」。 眺めるだけでも心和みます~♪

色にはメッセージがあります。
生理的メッセージと記憶的メッセージ。
そして知識的メッセージが。

「ラベンダー」は純色である紫に近い色のエネルギーを薄めた色。
ですのでドギツイ印象はなく、かえって柔らかい印象が残ります。
それも薄いピンク色とは違う知的な柔らかさを感じます。
それはおそらく青の要素が入っているから。

また記憶、知識から アロマのラベンダーのリラックス効能があるものと認識しているため
この色を見ると癒されるという感覚に陥ってしまう感があります。

「緑」は見ることにより脳内で生理的な反応が起こり、
アスチルコリンというストレスで疲れた細胞を活性化するホルモンが分泌されます。

「黄緑」は成長ホルモンの分泌を施します。
植物の葉の色、森林の色合いは黄緑の世界です。
緑溢れる自然に身を任せるとリフレッシュする~~~ということはウソではないですね。

色のメッセージだけクローズアップされてしまいますが、
形も十分大切な要素です。

もしこのパネルの絵柄が幾何学的な尖がったものだったら?
・・・部屋に飾ることを目的としたら小野は購入しません。
このパネルを見ただけでも、寒々しい印象が倍増されるから。

色と形が連結しあって、 印象が確立されるものだと。
このパネルを眺めるたびに思い返しております。

ブログ内の関連記事

 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11