カテゴリー:色について

似合う色を把握すると、どうしても 「洋服」へ走ってしまいがち。 その気持ちはよ~くわかります。

しかし、似合う色を把握したら まずファーストステップとして、
『顔の近くに似合う色』チョイスしていただきたいのです。

特に女性の場合、
『メイクアップカラー』
に似合う色を用いることを強く!お勧めいたします!
それはメイクアップカラーは、 「顔の近く」ではなく、 「顔の上」に乗せるものだから
顔の上ですから。 それは良くも悪くも、 顔映りの影響は強く現れるのです。
小野自身が実験してみました! 下記の画像をご覧ください。
同じ日時、同じ光源の元で撮影したものです。
「Before」は小野が苦手とするカラーの口紅を使用。 「After」は小野の似合う色の口紅を使用。
自分でもびっくり@@! 顔映りの明るさや、生き生き度が違う!

・・・どうでしょうか? 口紅ひとつでも顔映りの印象が違ってきます。
似合う色はその人の表情を明るく、生き生きさせる効果があります。
それは自分の生まれ持った「血色」と調和するから。 ほんのちょっとの色のチョイスで 人に与える印象が違ってきます。

女性に生まれたからには、 メイクアップカラーを自分の見方にする特権を 大いに活用しなくちゃですね

ブログ内の関連記事

似合う色はどうやって見つけたらいいの? という質問をいただくので、ちらっとご紹介。
人の生まれ持った色彩のパターンを見る際、 この2つのチーク(ピンク系)の色を 最初のヒントとして見てゆきます。 (どちらのピンク色が顔なじみがいいのか?)
男性の場合、 どちらのピンクのポロシャツが顔なじみがいいのか? 想像しながら選択するといいのかもしれませんね  

ブログ内の関連記事

ハロウィンが過ぎ、街のディスプレイはクリスマスカラーに彩られてきました(早!)

上記の画像は川崎ラゾーナのエントランスでございます。
遠くから見るとキラキラ輝き、視線が引き付けられます。
なんだかわくわくしますよね★★★

通常、クリスマスの配色というと「赤」×「グリーン」が定番として上げられます。
今回の川崎ラゾーナ
エントランス・クリスマスディスプレイの色の組み合わせは 「ゴールド」×「グリーン」であります。
※下記はエントランスのディスプレイに近づき写メしたものです。 ゴールドと緑の組み合わせが美しい★★★

ほほ~。これはいいかも! と思ったのは
「見え方のバリア・フリー」を思いついたから。

人により、色の見え方に個性というものが存在します。
生まれ持って、赤、緑の識別が難しく感じる方がいるのです。
赤、緑の識別が難しく感じられる個性を生まれ持った方は
赤と緑は純色(もっとも純粋な色のこと)では、
色の明るさの度合いが同じくらいですので 識別がさらに難しいのです。
(赤と緑の純色をモノクロ写真の世界と置き換えて 想像されるとわかりやすいかも)

ですので、ゴールドは黄色に近い色です。
黄色は明るさの度合いが高いので、
(黄色をモノクロ写真に置き換えると 白に近く写りこむ)
赤と緑の識別が難しい方にとっては 見えやすい組み合わせとなるのではないのかな~と。

ゴールドと緑は明るさの度合いに幅があるので 、
【明度差のあるコントラスト】の効いた組み合わせとなるのです。

圧倒的に多い健常者と呼ばれる人のための色の組み合わせから、
見え方の個性のある人までも楽しめる色の組み合わせも 世の中に浸透しつつあることを願っています。

「色の組み合わせにも思いやり・愛を

ブログ内の関連記事

 前へ 1 2 3 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ