カテゴリー:メイクアップ

『メイクカラー用品 選択注目ポイント』として

その①「アイラインの色」
黒髪である日本人であっても、 良く観察すると、 ブラウン派 or ブラック派 に分かれる

その②「見た目の色だけではなく実際に試すべし」
イクカラー用品は見た目のみで選ぶのは危険。
実際に肌に乗せて見ること それは人の体温などによって色味が違って見えることがあるから 以上を紹介いたしました。

今回「その③」は、
『血色の色はどちらに近いのか?』
について紹介いたします。
「血色の色」は大まかに下記の2つに分けられます。
自分の血色の色がどちらに近いか判れば、 上手にカラーメイク用品の色を選ぶことができるのです。

上記の画像をご覧ください。
自分の血色の色が判れば、
チークはもちろん、 リップ、アイシャドウ、ファンデーション、アイラインなど、

自分の生まれ持った色と自然に調和するメイクカラー用品を 上手に選ぶことが容易くなります

「自分の血色の色」を知ることは、 メイクカラー用品を選択することにだけに限定することではありません

男性に対しても大いに役立つことでもあります
例えば、ヘアカラーの色の選択
そしてネクタイの色選びなどにも大いに関わることです。

ONOは自分の血色の色を知ってから、 顔色が悪い!といわれることがなくなりました。
そしてメイクカラー用品に関わる迷い、 煩わしさから解放されました  

メイクカラー用品は良くも悪くも、
顔映りに大いなる影響を与えるものであることは確か。

自分にマッチしたメイクカラー用品をチョイスして、
いままで気がつかなかった、
自分の新たな一面を発見する喜びを体験される方がいらっしゃることを 願っています

ブログ内の関連記事

前回、【その①】ではアイラインのカラーについて。
黒髪、黒い瞳の持ち主である東洋人といえども 「ブラウン派」と「ブラック派」 のどちらに分かれるということについてお伝えしました。

今回は【その②】メイクカラー用品 
選択注目ポイントとして。
「見た目の色だけではなく、 実際に試すべし☆」

下記の口紅の断面をご覧ください。
これは「朱色」といわれる色味の口紅。
2つとも見た目は、暖かみを感じる色味の赤です。
この2つの口紅を手の甲に乗せてみると・・・

手の甲上部に載せた口紅は見事に見た目の色とは違う、
「青みががった赤(青みのピンク)」色に変化
しています。

そうです。
メイクカラー用品は、
はじめて人肌の上に乗せてみないとわからない
のです。

人の体温によって色の発色が違ってくることが多いのです。

えっ・・・こんな色?と思っても、実際に試したら 見た目と違ったより良い色合いに発色することもあるのです。

あたり前といわれれば、当たり前のことなのですが、 洋服の試着と同じように、
メイクカラー用品も

「見た目の色だけではなく、 実際に試すべし☆」

世の中には、メイク用品上でも数え切れないくらいの色で溢れています。
その中で、自分とマッチしたメイクカラーを見つけ出すことは 自分ひとりで見つけることは人によって困難なこと。
ONOも困難だった者のひとりでした。
なので、数多く世の中に溢れているメイクカラーの中で
自分にとってマッチするメイクカラーを見つけ出したときの 嬉しさはなんとも言えないものでした。

あなたにマッチしたメイクカラーに出会うことを祈っております

ブログ内の関連記事

では。 メイクカラー用品 選択注目ポイント。
まずは ●その①「アイラインの色」 をピックアップいたします。
これまでの経験より、 下記のどちらかの色の派閥に分かれるようです。

●ブラウン派 もしくは ●ブラック派

日本人は世界レベルで見ると、「黒髪」、「黒い瞳」を持った人種。
しかし、様々な日本人(黄色人種)の方々の色合いを拝見するに連れ、

ブラックではなく、ブラウン系のアイラインを選択した方が、
全体のバランスがより良くなる方
が結構いらっしゃるのですよー。
ちなみにONOはブラウン派です!

※画面向って下がブラウンのアイラインを使用。 ちょっとしたことなのですが。。。

ONOの瞳の色は日本人の中では ブラウン系で明るく、クリアーな色合いなので、
ブラックだと顔色がくすんだり、赤みが過度に増します。

自分のアイラインが「ブラウン派」と知って良かったこと。

●ライン崩れが目立たなくなった(←自分の生まれ持った色合いに近い色だから)
●瞳の色、輝きが、 ラインの色で埋もれなくなった(←目力がナチュラルに出てくる)

アイメイクがぱっとしないな~という方。 そのひとつの要因として、
「アイラインの色」 が影響しているのかもしれません

気になるようでしたら、お試しに
いつもと違ったアイラインの色をチョイスしてみませんか?
新たな発見になるのかも!です

ブログ内の関連記事