新型コロナな昨今ですが、そのような中でも季節は素直に巡ってきます。現在衣替えのシーズン真っただ中。衣替え時期となったことも重なり、装いを通して関わった出来事を振り返ることが多くなってきました。
その振り返りとして感じていたことのひとつが浮上。
コンサルティングへ来てくださったお客様によく見られる傾向です。
それは

★「買い物の癖」(←特に洋服)

が打破しにくいということ。

買い物も自分自身がこれまで積み上げてきた行動のひとつ。
これまでの自分の買い物のパターンの枠の中で洋服を購入するため、アドバイス通りのアイテムを自分で選んで身に着けたとしても、いつもと変わり映えがしない。というパターンに納まってしまうことが多いのです。

例えていうと白ワインで同じブドウ品種であるソーヴィニヨンブランでも産地によって味わいが違うということに近いのかも。同じものでもこのことに気が付くか?気が付かないのか?ということ。
(ワイン好きなので、ワインに例えてみました^^;;;)
ワインじゃなくても、白米、卵でも同じことが言えることなのだと。
(例えがすべて口にするものばかりですいません。。。)

※白ぶどう品種であるソーヴィニヨンブラン。ニュージーランド産とフランス産。同じぶどう品種でも産地が違うと香りや味わいが違うんです。。。

同じアイテム一つにしても、自分以外の人に通して見立ててもらうと違った世界が広がる確率が上がりますよ☆

今は新型コロナで専門店で試着できない状況ですが、だからこそリアルにお店で試着できる日までに自分の買い物パターンや装いの在り方を考えてみることに適している時期かも。

小野も装いの在り方の棚卸をします!マジでです!

ブログ内の関連記事

コメントはまだありません

Comment form

Trackback URL