9月となり台風に見舞わわれることが多くなってきました。被害合われた地域の早期の復旧を願っています。

さてこのような時期季節の変わり目、衣替えの季節にあたることもあり、 カラーイメージコンサルティングのお問い合わせもポツポツといただいています。
お問合わせの中に「イメージコンサルタントはパーソナルスタイリストとどのような違いがあるのですか?」という質問をいただきました。実はこのような質問はよく聞かれることのひとつにあげられます^^

過去ブログにこのことに関して書き綴りましたが、振り返りとしてこちらに述べてゆきますね。

イメージコンサルタントとは?

「目的にあわせた外見に関する分野のブラッシュアップを図る、アドバイスをする専門家」
と小野は認識しています。

その外見に関する分野の中で各々イメージコンサルタントによって際立った得意分野があります。
(もしくは複数)
例えば

●マナーの分野
●パーソナルカラーの分野
●話し方の分野
●メイクアップの分野
●ポージングの分野
●ファッションコーディネイト
などなど

なのでイメージコンサルタントに外見上のブラッシュアップをお願いしたい!という希望があるようならば、
「このイメージコンサルタントの方はどのような外見上の分野を得意としているのだろう?」
という視点を持ってお問い合わせをしてみてはいかがなものかな?と。

そうそう、

イメージコンサルタントとパーソナルスタイリストとの違い
は?

小野が思うのは、
「イメージコンサルタントを名乗っている方、並行してパーソナルスタイリストを名乗っている方にどのようなサービスメニューを提供しているのか?聞いてみることが一番」ということ。

こちらも以前ブログで紹介した内容と被りますが、「イメージコンサルタント」と「パーソナルスタイリスト」は表面上の言葉での表示(ラベル)が違いますが、イメージコンサルタントを名乗っている方とパーソナルスタイリストを名乗っている方は意外と同じ内容のサービスメニューを提供していることが多かったりするのです

もしご自分の外見上のイメージアップを図る目的があり、その専門家にお願いしたい場合、「イメージコンサルタント」、「パーソナルスタイリスト」という表面上の言葉の表示(ラベル)に惑わされないように、「この方はどのようなサービスメニューを提供し、どのようなことを得意としているのだろう?」という視点で色々と聞いてみてもいいのではないのでしょうか?

ちなみに小野は「カラーイメージコンサルタント」を名乗ってコンサルティングを行っています。イメージコンサルタントに「カラー」をプラスしている訳は「パーソナルカラー」、「カラーコーディネート」、「カラーを効果的に使う方法」というカラーに関する分野が得意だから。
また「イメージ」はファッションタイプという形に関わる分野も得意ですので「カラーイメージコンサルタント」と名乗っております。あとは外見は人それぞれ日々の習慣が積み重なったものでもあるので、その外見に関わる習慣を人によっては意図的に変化を与えることも実施することもあります。

つらつらと書き綴りましたが、外見上のイメージアップを図りたい!という方が専門家に依頼する際には

●その専門家がどのようなサービスメニュー、得意分野はどのようなものなのか?問い合わせてみる
●自分はどのような外見上のイメージアップを図りたいのか目的を持ち、(似合う色を知りたい。メイクを見直したいなど)どのようなことを望んでいるのか自分なりに整理してみる

このことが最低限必要なのかな?と感じています。
上記のことが少しでも外見上のイメージアップを望まれる方々へ参考になれば幸いです☆

 

ブログ内の関連記事

コメントはまだありません

Comment form

Trackback URL