先月大阪にてG20サミットが開催されました。その中でフランス・マクロン大統領夫妻がG20大阪サミットに先立ち公式実務訪問賓客として来日されたことは皆さんご存じのことと思われます。
今回のマクロン大統領夫妻が公式実務訪問賓客としていらした場面において「ペアルック」を考えるヒントが見られたので投稿いたします☆


※ネット上の画像をお借りいたしました

天皇陛下と皇后雅子さま、そしてマクロン大統領ご夫妻の姿をみて感じたこと。
「ペア同士、装い上共通点があることは美しく目に映る」
ということ。それも印象が残りやすいということも含めて。

まず目を引いたのは天皇陛下と皇后雅子さまの共通した色使い


※ネット上の画像をお借りいたしました

雅子さまはクールなライトブルーのワンピーススーツを。天皇陛下が身に着けているネクタイは雅子さまのワンピーズスーツのクールなライトブルーと合わせたと思われるものでした。
「ワンピーススーツの色」と「ネクタイの色」=「ライトブルー」
色に共通点を用いた立派なペアルックですね^^

ペアルックと色以外のこととして雅子さまのこのライトブルーのワンピーススーツのデザインの中にややシャープな要素が見られます。(シンプルな襟のデザインなど)雅子さまはシャープさのあるデザインが似合うタイプだと思われるので、これは素敵な傾向なのだと。
皇室となるとドレスコードなどの縛りがあることは確かですが、その縛りの中でいかに「雅子さまらしさ」もちょっとだけでも感じられる装い姿を今後期待しております。(←いち国民としての勝手な願いとして。うふふふ^^)そして雅子さまのグルーバルな感覚を天皇陛下と共に国と国との懸け橋としてさらに活かされることを願っております☆

またフランス・マクロン大統領夫妻も落ち着いたブルー系の装いでまとめられておりました。


※ネット上の画像をお借りいたしました

例えばマクロン大領領もしくはブリジット夫人どちらかがグレイ主体の装いだとしたら、ペアとしての印象が薄くなってしまう気がしませんか?
このご夫妻は各々強い個性をを放っていらっしゃるので「わたしたちはペアではなく別物です!」感が強まるかも。

日本に置いても夫婦、もしくはカップル揃ってオフィシャルまたはオフィシャル寄りの場へ出かけることが当たり前となっている流れとなってきました。
ペアルックなんてはずかしー。という方もいらっしゃることと思います。小野もペアルックははずかしくてとんでもない!派ではありますが、ベタなわかりやすい「ザ・ペアルック」ではなく、さり気ないスマートなペアルックならまぁいいのかな?なんて^^


※ネット上の画像をお借りいたしました

オフィシャルな社交の場へ夫婦、カップルで参加の際、装いに迷われたら皇室や国賓クラスの方々に見られるスマートなペアルックを意識&参考にされてみてもいいんじゃないのかな?と思います☆

ブログ内の関連記事

コメントはまだありません

Comment form

Trackback URL