先日装いに関する仕事をされいる方々とお会いする機会がありました☆

今の旬トレンドの話しからメイクの話しとなり、その後今年2018年9月16日に引退された歌手・安室奈美恵さんの話題となりました。
安室ちゃんの話題となった内容は
「1990年代に活躍した歌姫って結構いたけれども、安室ちゃんは廃れることなくトップを走り続けられた要因は何だろう?」
ということ。

ズバリ結論から申し上げると

彼女は最初から自分に合った「スタイル」を確立していたから。同時に時代の流れに適応し変化し続けていたから。

ここで間違えてないでほしいことは、スタイルは身体上のスマートさのみ述べていることではなくて、
「彼女は自分自身のスタイルを確立し保ちつつ、時代の流行という波に適応し変化し続けていたから」

ということ。

メイクで例をあげると、安室ちゃんがデビューした時代は「細眉」ブーム。
もちろん彼女も細眉でした。
その彼女のデビューは鮮烈だったのでその当時の彼女の細眉の印象が強く残っている私たちですが、彼女は時代の流れに合わせてメイクも自分に合ったものを取り入れて変化し続けていたのです。

(芸能人の方でメイクや装いの進化がストップしていてその当時のままあか抜けていない方も見られることも確か)

人だけではなく昔から愛されているブランドを例にあげると、ルイヴィトン、シャネルもスタイルは根底に生きていつつ、時代の流れをうまく取り入れて進化し続けていると感じます。(定期的にデザイナーを変えたり、その時代に活躍しているアーチストとコラボしたりなど)

自身のスタイルを確立し保ちつつ、時代の波に適応し変化し続ける。。

これは芸能界に所属している人だけではなく、特にフリーで活動している人にも必要な装いに関することのひとつ。
この考えは装いだけではなく、プロダクト商品に関わることや仕事など別のことにも通じる事でもあると思われてなりません。

あなたに合ったスタイルってどのようなものですか?そしてそのスタイルを根底に持ちつつ時代の波に塩梅良く乗って変化し続けていますか?

自分の装いに疑問を感じ始めている方はこのことを念頭に置いて考えてみることも装いを見直す効果的な方法のひとつかもしれません。おのも頑張ります☆

ブログ内の関連記事

コメントはまだありません

Comment form

Trackback URL