猛暑が続いていますがいかがお過ごしですか?小野は何とか体調も崩さずこの暑さを噛みしめてw過ごしております。
さて先日初対面の方に「イメージコンサルタントとパーソナルスタイリストの違いは?」という質問を受けました。
両者とも大まかにひと言で表現すると非言語コミュニケーションに関わる主に「外見上」ことを提供していることは確か。
約8年前、イメージコンサルタントについてこのような内容をブログで述べていました。

イメージコンサルティングとは?

言語・非言語コミュニケーションについて

今現在イメージコンサルタント、そしてパーソナルスタイリストを名乗っている方が飽和状態になってきているということ、そして人により提供内容多様となってきたため、いつかこのような質問をされる時が来ると感じておりました。
良いきっかけなので今現在この両者の違いを小野の視点でまとめてみることにいたしました。

イメージコンサルタントとパーソナルスタイリストの両者の名称は「ラベル」。そしてラベルとは?

へっ?「ラベル」って何?と思いますよね。
ラベルは「名前」。表面上の言葉の表現です。
この表面上のラベルを見て、で各々思い浮かべるものが違ってきます。

ラベルの例え話

例えばボトルに貼ってある「body soap」というラベルがあったとしましょう。

中に入っているものはボディソープに違いないのは確か。でもどんな香りのボディソープなのか分からない。
シトラスなのか?ラベンダーなのか?または無香料なのか?など。

この例え話しで何をいいたいかのか?それは
イメージコンサルタント、パーソナルスタイリストの方がたそれぞれ提供しているものが同じような内容だったり違うこともあるということ。

イメージコンサルタントとパーソナルスタイリストどちらに仕事を依頼したらよいのか?迷ったら

まずはそのイメージコンサルタント、パーソナルスタイリストの方のラベルの奥を確認しましょう!

外部の方からみたら、どちらも同じような感じがしてわからない!という方が多いこととお察しいたします。
迷われたらまずはずばり、

どのような内容を提供しているのか?
どのようなことが得意分野なのか?

確認するといいでしょう。

人によってはパーソナルカラー、装いのコーディネート、ポージング、メイクなど得意分野があるはずです。
ちなみに小野は外見的要素であるカラー、形(←イメージに通ずる)装いが得意分野であるのでカラーイメージコンサルタントを名乗っております^^

最後に思ったこと

ラベルに惑わされて「失敗した!」という話しを聞くこともあります。
これはイメージコンサルタントを名乗るひとりの者として、自分が何を得意として提供させていただいているということを明確に発信する必要性を感じ、反省をいたしました。
また外見上のイメージアップを図るために、イメージコンサルタントもしくはパーソナルスタイリストどちらに依頼したら良いのか?迷った場合は遠慮せず、どんなことが得意分野なのか?どのような内容を提供しているのか?確認されてくださいね☆
いつでも貴方の外見上のイメージアップを応援いたします!

ブログ内の関連記事

コメントはまだありません

Comment form

Trackback URL