先月大阪にてG20サミットが開催されました。その中でフランス・マクロン大統領夫妻がG20大阪サミットに先立ち公式実務訪問賓客として来日されたことは皆さんご存じのことと思われます。
今回のマクロン大統領夫妻が公式実務訪問賓客としていらした場面において「ペアルック」を考えるヒントが見られたので投稿いたします☆


※ネット上の画像をお借りいたしました

天皇陛下と皇后雅子さま、そしてマクロン大統領ご夫妻の姿をみて感じたこと。
「ペア同士、装い上共通点があることは美しく目に映る」
ということ。それも印象が残りやすいということも含めて。

まず目を引いたのは天皇陛下と皇后雅子さまの共通した色使い


※ネット上の画像をお借りいたしました

雅子さまはクールなライトブルーのワンピーススーツを。天皇陛下が身に着けているネクタイは雅子さまのワンピーズスーツのクールなライトブルーと合わせたと思われるものでした。
「ワンピーススーツの色」と「ネクタイの色」=「ライトブルー」
色に共通点を用いた立派なペアルックですね^^

ペアルックと色以外のこととして雅子さまのこのライトブルーのワンピーススーツのデザインの中にややシャープな要素が見られます。(シンプルな襟のデザインなど)雅子さまはシャープさのあるデザインが似合うタイプだと思われるので、これは素敵な傾向なのだと。
皇室となるとドレスコードなどの縛りがあることは確かですが、その縛りの中でいかに「雅子さまらしさ」もちょっとだけでも感じられる装い姿を今後期待しております。(←いち国民としての勝手な願いとして。うふふふ^^)そして雅子さまのグルーバルな感覚を天皇陛下と共に国と国との懸け橋としてさらに活かされることを願っております☆

またフランス・マクロン大統領夫妻も落ち着いたブルー系の装いでまとめられておりました。


※ネット上の画像をお借りいたしました

例えばマクロン大領領もしくはブリジット夫人どちらかがグレイ主体の装いだとしたら、ペアとしての印象が薄くなってしまう気がしませんか?
このご夫妻は各々強い個性をを放っていらっしゃるので「わたしたちはペアではなく別物です!」感が強まるかも。

日本に置いても夫婦、もしくはカップル揃ってオフィシャルまたはオフィシャル寄りの場へ出かけることが当たり前となっている流れとなってきました。
ペアルックなんてはずかしー。という方もいらっしゃることと思います。小野もペアルックははずかしくてとんでもない!派ではありますが、ベタなわかりやすい「ザ・ペアルック」ではなく、さり気ないスマートなペアルックならまぁいいのかな?なんて^^


※ネット上の画像をお借りいたしました

オフィシャルな社交の場へ夫婦、カップルで参加の際、装いに迷われたら皇室や国賓クラスの方々に見られるスマートなペアルックを意識&参考にされてみてもいいんじゃないのかな?と思います☆

ブログ内の関連記事

コンサルティングへいらしてくださる方で嬉しくなるほど変化を遂げられる方がいらっしゃいます。
変化を遂げられる方の共通点は?
それは「まずは行動する」ということ。

色々と考え込んでしまうことも理解できなくもありません。人によってはこれまで経験したことがないものを取り入れるので多少の抵抗感や周りの人目を気にしてしまうことも否めません。

無理して変化しなくてもいいのですよ。
でも変化したい!と願うのでしたら、
「まずは行動」しなくちゃ。実際に行動した後、考えればいいのだと。

他の人の反応はそれぞれ。
その反応に自分自身がどのように俯瞰し、どう受け取るのか?ちょっとした自分や周りの環境を知る良い訓練にもなると思います。

とにかくまずは行動しなくては。行動しなくては何事も動かなし、初まらないと思うのです。イメージコンサルティング以外のことでも同じことがいえるのかもしれませんね。

※こちらの画像。男女のファッションタイプ分析でお見せしているイラスト。
それぞれ素敵な個性を放っています。
どれも違ってみんないい!

ブログ内の関連記事


今年2019年GW5月1日は新元号・令和を迎えました。新元号となったこともあり時代の切り替わりなのか?例年になく有難いことにGWはカラーイメージコンサルティングの依頼、問い合わせを多くいただきました。このような年もあるとだなぁと。今一息つけられるところへ来ています。
(改めて思うと今年は10連休という一般の方にとっては長~い休みだったので、イメージチェンジして連休明けを迎えたい!という気持ちになる方がいらっしゃることは大きく頷けます)

最近カラーイメージコンサルティングを通し、外見だけでは済まない気がついてほしいことや内面の部分も見据えてフォローすることが増えてきたように感じます。

 たかが外見。されど外見。外見=装いは自分のこれまでの経験、環境、想いなどが詰まった内面の一番外側

イメージコンサルティングの業界はただ似合うカラーやカタチだけを提案するだけでは済まない段階へ来ているような気がしてなりません。(←人によりますが)
頑張るってコトバはあまり好きではありませんが、がんばるぞー。

ブログ内の関連記事

 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 38 39 40 次へ