メイクも立派な装いの一部。
服装に似合う色を落とし込む以前に、
優先して取り入れるべきこと。
それは、

適切な似合う色のメイクカラーを施す方こと。

それは顔に一番近いところに施す色が
一番良くも悪くも影響がわかりやすく表れるから。

※リップはチークに比べて影響力強し!!

なので特に女性にとってメイクカラーは顔色を、
そして印象をも左右する重要アイテムなのです。

ブログ内の関連記事

類似配色

ベージュ×オレンジレッドの配色。

大まかに見ると色相が近いもの同士。
これは類似配色。なので無理なく配色として成り立ちます。

ブログ内の関連記事

5月の新緑の季節だと思ったら、夏に向かい気温もすっかり暑くなってきましたね。

先日、facebookのお友だちがクールビズのシャツについての投稿がありました。
もうそんな時期になってきたのだなぁと。
その投稿の中、
「長袖、半袖」の好みについて触れられていました。
お友だちは「長袖派」でした。
ONOも長袖の男性へ対してエールを送ります。
それは大人っぽい印象を受けるから。

・・・個人的な好みは置いておき(^^;;

この時期よく男性に聞かれる案件。

「クールビズのシャツは長袖、半袖、
どちらが正しいのか?」


※インターネット上より画像お借りしました。

ビジネスシャツの半袖は日本独自のもの。
本来はビジネスとしてのシャツは長袖が定番とされています。
問題のない選択をするのなら長袖が良いと思います。
そのひとつの理由として、

●突然のフォーマル寄りの場に出なくてはならない場合、
長袖の場合、その対応ができるから。

例えば急にクライアントとのアポが入った場合、
クールビズの時期だとしてもジャケットを身に着ける必要性も
あることと予想されます。

ジャケットを身に着ける場合、
「ジャケットの袖口からシャツの袖部分が1.5cm前後出てる」
ことが男性のビジネス上の装いとしてのルールとなっています。


※インターネット上の画像お借りしましたパート2

これはあくまでも職業、ビジネス上の置かれている立場などで
装い上許される範囲は違ってきますが、
問題のないものを選びたいのであれば、長袖をONOは勧めています。
ビジネスシーンでは定番に近ければ近いほど、丁寧さがありますし、
誠実さ、きちんとした印象を残すことができるから。

あと注意するのは、よほどのハイパーセンスのオシャレが許される
職業、職場以外のビジネスマンの方は
「ベルト」と「靴」の色は揃えましょうね☆


※インターネット上の画像お借りいたしましたパート3

また過去ブログにてクールビズのシャツの選び方
について触れています。
「クールビズ・シャツに関すること」
ご参考まで☆

ブログ内の関連記事

 前へ 1 2 3 ... 7 8 9 10 11 ... 33 34 35 次へ