カテゴリー:カラーイメージコンサルティング

似合う色はどうやって見つけたらいいの? という質問をいただくので、ちらっとご紹介。
人の生まれ持った色彩のパターンを見る際、 この2つのチーク(ピンク系)の色を 最初のヒントとして見てゆきます。 (どちらのピンク色が顔なじみがいいのか?)
男性の場合、 どちらのピンクのポロシャツが顔なじみがいいのか? 想像しながら選択するといいのかもしれませんね  

ブログ内の関連記事

以前言語・非言語コミュニケーションについて触れましたが、
特に
「非言語コミュニケーションの中で イメージに影響を与える重要な3つの要素」  
があります。

● 外 見 (服装、メイク、装飾品、髪型など)
● 行 動 (立ち振る舞い、マナーなど)
● 話し方 (声の強弱、トーンなど)

上記3つです♪

イメージコンサルタントはこの上記3つに関わるアドバイスをおこなっています。
もっと突っ込んでいいますと、 この3つの要素の中で特に得意とする分野をもっているイメージコンサルタントがほとんどです。

ですので、イメージコンサルティングを受けたい!という方は、
上記3つの要素の中で「なんとかした~い」という分野に長けている コンサルタントさんへアドバイスを受けると良いでしょう。

今回の題名に「3つの要素(+1)」の「+1」はなぁ~に??? と思われたあなたへ。

この「+1」 ● 嗅覚 = 「香り」 です ★★★

香りを感じる感覚は人間本来持っているプリミティブな部分ですので、
意外と印象の良し悪しを決定していしまう要素のひとつとして上げられます。

香りに関して自身のない方は、 あれこれ香水などなどを振り掛けることをする前に、
「元の部分を清潔にする ことを心がければOKでしょう。

あっ、大切な用事の前はお酒の飲みすぎ、香りがきつい食事は控えるといいですよ~~~。

・・そんな初歩的なこと、わかってるって? それは失礼(^^;)>

ブログ内の関連記事

仕事上、メールを頻繁に利用する今日。そこでふと思うこと。
それは 「統一感」。

これから語ることは実際に体験したことです。
仕事で知り合ったKさん。
会うと誰もが「感じの良い人ね。」と口を揃えていう印象を与えるKさん。

会うと感じが良い。そう、、、会えばです。
しかし! Kさんのメール、手紙などからは「感じの良い人」から遠ざかっているのです。

ここでは詳しいことは申し上げることを控えさせていただきますが、
正直、メールのやり取りはするのではなかった!と後悔してしまう最強レベルの方でした。
(ごめんなさい!いってしまいました!)

その方とメールなどのやり取りを毎回行うたび、
「この人、もったいないなぁ」とPCの画面上でため息をついておりました。

実際に会ったときは良い印象を感じても、
その他のことではその逆の印象を与えていることに 本人は気がついておられないのです。。。

世の中「ギャップ」は人を引き付ける要素のひとつ。
といわれています。

それは大いにうなずけますが、
「逆ギャップ」にいってしまいますと、必要以上に勘違いされてしまうリスクがあるのです。。。(涙)

例えば、 「歯を大切に」と歯のメンテナンスの必要性を述べている歯医者さまの歯がおぞましかったら、、、
説得力、ありませんよね。
わたしたちの多くは歯のメンテナンスの必要性を述べる歯医者さまの歯は
美しく、手入れされた歯であってほしいと心の底で願っています。

そう、 人は気がつかないところで 「こうあってほしい。」と望むものなのです。
つまり
歯のメンテナンスを述べる人=歯医者さま=歯が美しい、手入れされている 「統一感

ですので、感じの良い方にお会いしたときに、
その人が別の場面でも(メール上、食事の取り方など) 「良い感じ」を期待してしまうのです。
「良い感じ」という「統一感」を。。。

会ったときは感じが良い方なのに、メールでは、手紙では、、、、
「なんだか、ギャップがあり過ぎて信用できない!(統一感がない=違和感を感じる=危険)」

多くの人はどこかで その人の「統一感」を感じることにより、安心、信頼感を感じるのです。
※場合によっては逆ギャップで魅力を発揮することもあります。それはよ~く考えてトライすると良いでしょう。

このようなことを述べている小野も、
「この人、カラーイメージコンサルっていっているけれども、 見た感じと所作がバラバラじゃん!」
といわれたら・・・

・・・がんばります!

ブログ内の関連記事

 前へ 1 2 3 ... 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ