カテゴリー:カラーイメージコンサルティング

日頃、 人それぞれの生まれ持った 「色彩」と「カタチ」 を拝見させていただいています。
しかし、 この2つを把握したからビジュアルupしたのも当然! ということはないのです。
この生まれ持った 「色彩」と「カタチ」を把握することは ビジュアルupを目指すための基本となることの ほんのひとつだから

これまでコンサルティングを通して感じたことは、 ビジュアルup前に必要なことは2つ
それは、 上記で述べた、
①自分自身の生まれ持った 「色彩」と「カタチ」 を把握すること
そして
②グルーミングを見直すこと この2つを押さえることにより、
はじめてビジュアルupの計画を果たせる スタートラインに立つことができる
のです。
①、②については 後ほど順を追ってブログでお知らせいたしま~す  

ブログ内の関連記事

似合う色はどうやって見つけたらいいの? という質問をいただくので、ちらっとご紹介。
人の生まれ持った色彩のパターンを見る際、 この2つのチーク(ピンク系)の色を 最初のヒントとして見てゆきます。 (どちらのピンク色が顔なじみがいいのか?)
男性の場合、 どちらのピンクのポロシャツが顔なじみがいいのか? 想像しながら選択するといいのかもしれませんね  

ブログ内の関連記事

以前言語・非言語コミュニケーションについて触れましたが、
特に
「非言語コミュニケーションの中で イメージに影響を与える重要な3つの要素」  
があります。

● 外 見 (服装、メイク、装飾品、髪型など)
● 行 動 (立ち振る舞い、マナーなど)
● 話し方 (声の強弱、トーンなど)

上記3つです♪

イメージコンサルタントはこの上記3つに関わるアドバイスをおこなっています。
もっと突っ込んでいいますと、 この3つの要素の中で特に得意とする分野をもっているイメージコンサルタントがほとんどです。

ですので、イメージコンサルティングを受けたい!という方は、
上記3つの要素の中で「なんとかした~い」という分野に長けている コンサルタントさんへアドバイスを受けると良いでしょう。

今回の題名に「3つの要素(+1)」の「+1」はなぁ~に??? と思われたあなたへ。

この「+1」 ● 嗅覚 = 「香り」 です ★★★

香りを感じる感覚は人間本来持っているプリミティブな部分ですので、
意外と印象の良し悪しを決定していしまう要素のひとつとして上げられます。

香りに関して自身のない方は、 あれこれ香水などなどを振り掛けることをする前に、
「元の部分を清潔にする ことを心がければOKでしょう。

あっ、大切な用事の前はお酒の飲みすぎ、香りがきつい食事は控えるといいですよ~~~。

・・そんな初歩的なこと、わかってるって? それは失礼(^^;)>

ブログ内の関連記事

 前へ 1 2 3 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ