カテゴリー:色について

では。 メイクカラー用品 選択注目ポイント。
まずは ●その①「アイラインの色」 をピックアップいたします。
これまでの経験より、 下記のどちらかの色の派閥に分かれるようです。

●ブラウン派 もしくは ●ブラック派

日本人は世界レベルで見ると、「黒髪」、「黒い瞳」を持った人種。
しかし、様々な日本人(黄色人種)の方々の色合いを拝見するに連れ、

ブラックではなく、ブラウン系のアイラインを選択した方が、
全体のバランスがより良くなる方
が結構いらっしゃるのですよー。
ちなみにONOはブラウン派です!

※画面向って下がブラウンのアイラインを使用。 ちょっとしたことなのですが。。。

ONOの瞳の色は日本人の中では ブラウン系で明るく、クリアーな色合いなので、
ブラックだと顔色がくすんだり、赤みが過度に増します。

自分のアイラインが「ブラウン派」と知って良かったこと。

●ライン崩れが目立たなくなった(←自分の生まれ持った色合いに近い色だから)
●瞳の色、輝きが、 ラインの色で埋もれなくなった(←目力がナチュラルに出てくる)

アイメイクがぱっとしないな~という方。 そのひとつの要因として、
「アイラインの色」 が影響しているのかもしれません

気になるようでしたら、お試しに
いつもと違ったアイラインの色をチョイスしてみませんか?
新たな発見になるのかも!です

ブログ内の関連記事

梅雨の時期から本格的な夏へ向う途中。
化粧品売り場では限定色のメイクカラー用品で 溢れています。

メイクカラー用品を選ぶ際に、 注目するポイントが3つ上げられます。

①~③に分けて、 順を追ってupいたします

ブログ内の関連記事

気がつけば。 梅雨の時期となりましたね。
ず~っと日本に生まれ育っているというのに、 毎年やってくる梅雨はジメジメ蒸し暑く、 慣れるということはありません!

そんな季節こそ、個人的に楽しんでいること。 それは

『傘を思いっきり自分色(似合う色)で に楽しむ』こと。

自分色=似合う色の傘をさすことによって、 『顔色が断然良く見える』 のです♪♪♪

生まれ持った色彩の個性が強い人ほど、 わかりやすく反映されます。
(例:ブルーベースの個性が強い色彩を持った人が イエローベースのオレンジ色の傘をさす・・・(TT)

梅雨のぼんやりしたグレイがかった空に対して、
広げるカラフルな傘って、
自分も、それを見ている他の人たちにも 明るく、楽しい気分に少しでもなるのかな?とも思っています。

梅雨という、
うっとうしいと思われる時期にこそ、 自分色が楽しく活躍することもあるのです。

ブログ内の関連記事

 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ