カテゴリー:メンタル★

~外見を変えることによって感情の回路も切り替わる~

これは経験上、あり得ると小野は考えます。
「まさか!」という方。 そしてちょっと想像できないという方も多くいらっしゃいることと思われます。
実際に小野が体験したことを書き綴ります。

・・・・・ およそ10年前のこととなります。 当時、小野は好きな人がおりました(*^^*)
でも強烈な形で振られました(TT)

夜遅く車に乗っていたときに突然、 彼より「デブは嫌いだ」と車から外へ押し出されたのです。。。
(その当時、とあるストレスで体重が今までの人生の中で最大に重い時代でした)
その直後、あまりのショックでどうやって自宅に辿りついたかを あまり覚えていないくらいの打撃を受けました。
ちょうどその当時、 カラーイメージコンサルタントのトレーニングを受け始めたばかり。
プロを目指すということで、 自分自身の外見改造計画を徹底的に行ったのです。

いままで使用していた ●化粧品、
いままで着用していた ●服
いままでお世話になっていた ●美容院
いままで保持していた ●髪型

などなど、 全部手放し、すべて新しいものへ変えたのです。

外見改造計画約半年後。
友人を通して、 強烈な形でわたしを振った例の彼と再会することになったのです。
・・・ふつうでしたら、
過去自分に対してひどい!ことをした相手と会ったら 心中、穏やかではないことが多いですよね。

しかし、 実際に彼と会った時、あんなに好きな気持ちがあった人にも関わらず、
彼に対して好きな思いが残っていなかったのですよね。
あ~昔、この人が好きだったんだなぁとニュートラルな感じで相手を見ている感覚。
自分でも驚くくらい、心中穏やかでした。

なぜ心中穏やかだったのか?
それはおそらく、
「外見を変えたことによって、感情の回路が並行して切り替わったから」 回路

外見を変える行為は、行動の一部。
いままで慣れ親しんでいたことから離れ、
いままで経験したことのない行動を重ねたことによって 感情の回路が見事に切り替わったからなのだと。
(失恋の痛手から立ち直るのは、新しい恋だ!という意見と似ていますね。
新しい恋も新しい感情の回路へ切り替わりますからー)

後日談として。 その彼と再会した後、
「久しぶりに会って、すごくきれいになっていてびっくり! もう一度寄りを戻したい」 と告白されました。
(ちょうど体重も元に戻り始めていたこともあり)

・・・わたしの感情の回路がすっかり切り替わっていたので、 その気になれなかったことは言うまでもありません(笑)

外見を変えることも立派な行動のひとつ。
それと並行して感情の回路も変わることがある。

内面のみのワークに疲れたという方。 気分転換に外見に関わる切り替えをぜひお試しあれ

ブログ内の関連記事

今の世の中、 精神的なこと(内面)に関するコミュニケーション心理講座等、 多く開かれています。
小野も関心がまったくないということはないのですが。。。
このような講座に触れてみて ここでひとつ、
内面を下手にいじくり倒すより、 外見を磨いた方がよかったりするのでは? と思うことがあるのです。 外見☆メイク♪

「人は内面が大事だ!外見は二の次だ!」 という言葉も分からないのではありません。
しかし、内面の部分のみに集中して、 外見が置き去りにされている方々が多いなぁと思うことしばしば。
内面も外見もバランスは大切です。
内面と外見のバランスを崩しているのはどちらなのだろう??? と思ったときは、 是非、 外見を磨く を選んだ方が良いと思われます。

それは、 わたしたちはみんながみんな、 内面を全部理解し、見通すという能力はないからです。
そんなことがみんなができたら、 世の中はもっと違う世界が広がっていたと思います。
だから、みんながわかりやすく、理解しやすい、 「外見」に目を向けてみることもひとつの手だと
またわたしたち、ひとりひとり、 人生の中で出会う人の数も限られているし、 出会う人すべて、コミュニケーションを取れるという時間が限られています。
(小学校のクラスメイトのように、1年以上同じ教室に在籍していれば、 外見だけではなく、その人の内面の良さに気が付くチャンスは大いにあるけれども^^;)))
時間が限られている故に 悲しいことではありますが、 外見のみで判断されてしまうことは多いのではないのでしょうか?

 コミュニケーションは

精神的なこと
そして外見に関わるコミュニケーションも含まれています。
この2つを忘れちゃいけない。
そしてこの2つのバランスも大切。

小野もコンサルタントとして肝に銘じていることのひとつでもあり、 仲間のコンサルタントにも突っ込まれることはあります。
(小野さん!装いが面白くなりすぎ!と一喝されたりなど^^;;;)

内面のワークを重ねたけれども、もう疲れましたという方。
ちょっと外見に関心を向けてみませんか?
内面も外見も終わりのない道ではありますが、
みんながみんな、内面を全部見通す能力はないのだから、
自分も、自分以外の人たちにも、 わかりやすい、理解しやすい、

「外見を磨く

ことが 内面にも良い影響を与えるかもしれませんよ

ブログ内の関連記事

気がつけば。 梅雨の時期となりましたね。
ず~っと日本に生まれ育っているというのに、 毎年やってくる梅雨はジメジメ蒸し暑く、 慣れるということはありません!

そんな季節こそ、個人的に楽しんでいること。 それは

『傘を思いっきり自分色(似合う色)で に楽しむ』こと。

自分色=似合う色の傘をさすことによって、 『顔色が断然良く見える』 のです♪♪♪

生まれ持った色彩の個性が強い人ほど、 わかりやすく反映されます。
(例:ブルーベースの個性が強い色彩を持った人が イエローベースのオレンジ色の傘をさす・・・(TT)

梅雨のぼんやりしたグレイがかった空に対して、
広げるカラフルな傘って、
自分も、それを見ている他の人たちにも 明るく、楽しい気分に少しでもなるのかな?とも思っています。

梅雨という、
うっとうしいと思われる時期にこそ、 自分色が楽しく活躍することもあるのです。

ブログ内の関連記事

 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ