カテゴリー:メンタル★

今の世の中、 精神的なこと(内面)に関するコミュニケーション心理講座等、 多く開かれています。
小野も関心がまったくないということはないのですが。。。
このような講座に触れてみて ここでひとつ、
内面を下手にいじくり倒すより、 外見を磨いた方がよかったりするのでは? と思うことがあるのです。 外見☆メイク♪

「人は内面が大事だ!外見は二の次だ!」 という言葉も分からないのではありません。
しかし、内面の部分のみに集中して、 外見が置き去りにされている方々が多いなぁと思うことしばしば。
内面も外見もバランスは大切です。
内面と外見のバランスを崩しているのはどちらなのだろう??? と思ったときは、 是非、 外見を磨く を選んだ方が良いと思われます。

それは、 わたしたちはみんながみんな、 内面を全部理解し、見通すという能力はないからです。
そんなことがみんなができたら、 世の中はもっと違う世界が広がっていたと思います。
だから、みんながわかりやすく、理解しやすい、 「外見」に目を向けてみることもひとつの手だと
またわたしたち、ひとりひとり、 人生の中で出会う人の数も限られているし、 出会う人すべて、コミュニケーションを取れるという時間が限られています。
(小学校のクラスメイトのように、1年以上同じ教室に在籍していれば、 外見だけではなく、その人の内面の良さに気が付くチャンスは大いにあるけれども^^;)))
時間が限られている故に 悲しいことではありますが、 外見のみで判断されてしまうことは多いのではないのでしょうか?

 コミュニケーションは

精神的なこと
そして外見に関わるコミュニケーションも含まれています。
この2つを忘れちゃいけない。
そしてこの2つのバランスも大切。

小野もコンサルタントとして肝に銘じていることのひとつでもあり、 仲間のコンサルタントにも突っ込まれることはあります。
(小野さん!装いが面白くなりすぎ!と一喝されたりなど^^;;;)

内面のワークを重ねたけれども、もう疲れましたという方。
ちょっと外見に関心を向けてみませんか?
内面も外見も終わりのない道ではありますが、
みんながみんな、内面を全部見通す能力はないのだから、
自分も、自分以外の人たちにも、 わかりやすい、理解しやすい、

「外見を磨く

ことが 内面にも良い影響を与えるかもしれませんよ

ブログ内の関連記事

気がつけば。 梅雨の時期となりましたね。
ず~っと日本に生まれ育っているというのに、 毎年やってくる梅雨はジメジメ蒸し暑く、 慣れるということはありません!

そんな季節こそ、個人的に楽しんでいること。 それは

『傘を思いっきり自分色(似合う色)で に楽しむ』こと。

自分色=似合う色の傘をさすことによって、 『顔色が断然良く見える』 のです♪♪♪

生まれ持った色彩の個性が強い人ほど、 わかりやすく反映されます。
(例:ブルーベースの個性が強い色彩を持った人が イエローベースのオレンジ色の傘をさす・・・(TT)

梅雨のぼんやりしたグレイがかった空に対して、
広げるカラフルな傘って、
自分も、それを見ている他の人たちにも 明るく、楽しい気分に少しでもなるのかな?とも思っています。

梅雨という、
うっとうしいと思われる時期にこそ、 自分色が楽しく活躍することもあるのです。

ブログ内の関連記事

昨今。 女性のネイルに対しての意識がさらに向上しています。
ジェルネイルを施している方がONOのまわりで 半数を占めてくるようになってきました。
女性はキレイにすることや、 キラキラキレイなものが好きですからね^^
ネイルに美しさを求める気持ち。よ~くわかります!
友人たちのキラキラネイルを眺めつつ、 ひとつ、好奇心がわいてきました。
それは 「男性はこの女性のキラキラネイルをどのように思っているのか?」

調べたところ、 男女では「ネイル」に関する意識が大幅に違うことが判明!

詳しくはこちらのアンケートをご覧ください。 『ネイルのおしゃれ』に関するアンケート
※インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチDIMDRIVEでの 「ネイル」についてのアンケート調査より
(アンケート実施は約4年前のもの。 現在は女性のネイルサロン利用率は 増加していることと思われます)

このアンケート結果を見て、
女性がどんなにネイルに気合を入れても、そうでなくとも、
「男性の8割りは女性のネイルに無関心」 (=意識してチェックしていない) ということ。

この結果を知った上で、
ONOの知り合いである男性たちに 「意識して女性の爪を見ているか?」 を聞きまくりました!

その結果、 「見るわけないじゃん」、 「見ていない」、 「そんなこと気にしていない」 との回答が。。。

そして、 「ゴテゴテの3Dネイルは意味がわからん」 と不評。

では爪でなく、 どこを見ているの?聞き返したら、
「顔」、「容姿全体」、「胸」 の回答を多くいただきました^^;

男性は爪に対して、 見ていない、興味がない方が大半であ
ということは明確ですね。

で、ここで、ですね。

男性へ捧ぐ、 気をつけた方が良いこが浮上しました。

それは
「女性は男性が意識していない爪を 必要以上にちゃんと見ている(チェックしている)ということ」

それも爪をキレイに整えている女性ほど、 チェックしていますよ!

人は自分の感心があったり、 手に掛けていることものほど、 目が行きますよね。
(例:車好きの人は他人様の乗っている車に感心をむけることと同じ)

あと女性たちの間のトークで 男性へ対して、
「爪は清潔に保ってほしい」 という願いがあることは確か。

それは女性特有の生理的なものだと思うのです。
どんなことかと申し上げますと、
女性は爪を含め、身なりをキレイにしている方が多いのは 子どもを産み、育てる という本能があるため
「清潔」に保ちたいというものが根本に備わっているように考えられるからです。

男性へ、 自分の爪をピッカピッカにして~ということではないのです。
ささくれのケア、 爪を切る、 爪先を爪やすりで整える

このことだけでも心がけていただければ、
まわりの女性たちは口で表現しなくとも、 感じの良さを評価していただけるのではないのかな?と思われます。

ブログ内の関連記事

 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ