2018年6月12日。今後歴史に残るであろう米朝首脳会談がシンガポールにて開催されました。
TVを通じ画像を見て、背景にある米国と北朝鮮の国旗に目を奪われた方はおのだけではないのかと想像いたします。
この2カ国の国旗を眺め、ふと思ったこと。それは
「なぜ国旗は純色(ピュアで強い色)が多いのだろう?」
ということ。
今回はこのことについてまとめてゆきます!

※日テレさまより画像をお借りしております。

純色の特徴とは?

純色とは「最も色のエネルギーが高い色」といって良いでしょう。
つまりその色そのものを最高に表している色は純色=ピュアな色。
なのでプラスのイメージとして訴える力が強く、見る人を動的アクションに誘導しやすい色といっていいでしょう。

国旗に必要とされること(あくまでも仮定)

●その国の願い、象徴(コンセプト)がわかりやすく表現されているのか?
●遠くから見ても認知しやすいのか?
など
上記を踏まえると国旗に取り入れる色として純色は適切ですね^^

米国と北朝鮮の国旗に表れている共通点

●同じカラー3色が使用されている
赤・白・青。(赤、青ともに純色)。
ちなみにこの3色は世界の国旗で使用されている色のトップ3にランキングされています。

●星のモチーフ
色の考えとは離れますが星から連想されること。それは「輝くもの」。
また星を見るときは「見上げる」というアクションが必要ですね。このアクションは前向きな気持ちを象徴します。
星は輝くものという前向きなイメージを掻き立てられるモチーフのひとつであり、人は明るく輝くものに目を向ける習性があります。

これらのことから国旗のモチーフとして星は最適といっても良いとも思われます。同国の人の思いが前向きに一緒になるといった感じ☆

まとめ・なぜ国旗は純色が多いのか?

純色は最も色のエネルギーが高い色。なので訴える力、人目を引く力があるため国旗に用いるのに適切な色であるといえます。
それにプラスしその国の願いや象徴するものが含まれるとさらに良いのでしょうね。

このことを人に置き換えてみると色々なことを複雑に考えている人より、ストレートに余計なことを考えずピュアな気持ちで前に進んでいる人の方がわかりやすく印象がインパクト大であることと一緒ですね^^

何はともあれこの米朝首脳会議がより良い方向へ向かうことを願っています☆

ブログ内の関連記事

コメントはまだありません

Comment form

Trackback URL