※上記画像ネットより転記。
米国トランプ大統領の娘であり大統領補佐官でもあるイヴァンカ・トランプ女史が来日されましたね。彼女自身ファッションブランドを立ち上げていることもあり来日時のファッションが注目されたことも確か。ここで小野が個人的に思ったことは彼女はただ自分の好きな装いを身に着けている人ではないと感じたこと。その訳と彼女から見えた装いの考え方をまとめてみました☆

空港到着時のイヴァンカルック。クラシカルで可愛いテイスト


※ネット上の画像を転記させていただきました。

空港に到着時のファッション。優しく甘さも感じられる水色のトップス。こちらのブランドはmiu miu。
襟付で少し60年代の懐かしさを感じるクラシカルで可愛らしさのあるテイストだなぁと思うことと同時に、
プライベートでのイヴァンカさんはこのような可愛らしいテイストは好きなのかなぁ?とちょっとした疑問を感じたのであります。


※ネット上の画像を転記させていただきました。
小顔10等身!モデルだったということも頷けます^^

国際女性会議時のサーモンピンクのスーツ。こちらのブランドもmiu miu。
可愛いテイストはいいのですが、このような場でミニ丈のスカートの選択は大丈夫か?と感じました。

皇居周りの散策ルック


※ネット上の画像を転記させていただきました。

こちらは来日ルックの中でもイヴァンカ・トランプ女史らしさを感じさせる装いだなぁと個人的に感じました。
カジュアルでも大人っぽいですよね。
西洋と東洋の雰囲気を感じられるフラワーモチーフ刺繍のトップスはロシアのブランドとのこと。

イヴァンカ・トランプ女史の来日ファッションで見える今回の目的

今回イヴァンカ トランプ女史の来日目的は明確ではありませんが勝手ながら思うことは、
「日本はどのような国なのか?」という偵察と親睦を兼ねた来日だったと想像します。
(彼女は今回初めて日本へ訪れたとのこと)
今回の来日は彼女自身ものすごく重要な公務というものを背負っていないということが彼女の来日時のファッションから推測されます。
それは空港到着時そして国際女性会議時の装いを拝見すると、重要な公務を担った装いから遠ざかっているものを身に着けていたから。
イメージコンサルティングの発祥の地である欧米では日本より仕事などの重要な場での装いの決まり事ははっきりしています。ましてやセレブでビジネスウーマンとして活躍している彼女は装いのTPOを理解していないということは考えられないと思われます。
重要な公務での来日だったとしたら、水色の可愛らしいテイストのトップス、そしてサーモンピンクのミニ丈スカートスーツを身に着けることはないと考えられます

なぜ可愛いテイストの装いを?

来日時のクラシカルで可愛いテイストの装いはイヴァンカ トランプ女史の日本に対してのイメージそのものなのかな?と。世界からみると日本は「可愛い」文化があるという印象があるからなのかしら?と勝手に小野は思っています。
彼女は彼女が持っている日本の可愛いイメージに合わせての可愛い装いのテイストをチョイスしたのかも?これはあくまでも小野の想像ですが^^;;。
人によっては彼女の可愛い装いを見て「日本をばかにしている!」と感じている方もいらっしゃると思いますが、今回の彼女の来日時の装いから良くも悪くも外(海外)から見ての日本の印象の一部を物語っているのでは?個人的に興味深く思います。

イヴァンカ・トランプ女史のおもてなしファッション


※ネット上の画像を転記させていただきました。

これは安倍総理との和会食時のファッション。
何処となくこのドレスは着物を想わす雰囲気が感じられます。きっと彼女なりの装いを通してのその場に寄り添ったおもてなしの表れだと思います。

イヴァンカ・トランプ女史の装いから見えた装いの考えとは?


※ネット上の画像を転記させていただきました。

来日中の彼女のファッションを拝見し、彼女はただ自分の好きな装いを身に着けている人ではないと感じました。
その場を想いやった装いを考えているようにお見受けします。(←表現を変えていうと彼女流の装い戦略?)
それが時に場違いであったとしても、その場(国やシチュエーションなど)を想いやって寄り添うことも踏まえた装いを考える感じ。
これがそうでしたら小野はいたく共感します^^
それは装い上のことであっても「相手に対しての思いやり」に繋がると思えるから。素敵なことですよね^^

イヴァンカ・トランプ女史来日の装いから見えた装いの考えとは?
「装いは相手に対してのおもてなし、そして思いやりに繋がる」ということ。
自分が好きなファッション、自分が似合うファッションに上記のことをプラスして考えられるとサイコーですね。

次回、彼女が再来日する時はどのような装いで訪れるのか?また可愛い装いテイストなのかしら?と今から楽しみにしておくことにしておきます☆

ブログ内の関連記事

コメントはまだありません

Comment form

Trackback URL