気がつけばもうすぐ11月。暮れに向かい忘年会やクリスマス等の集まりやパーティーを楽しむ季節がやってきますね。
パーティーとなるとドレスはどんなものを選ぼうか?毎年同じドレスばかり選んでしまうと悩まれる方もいらっしゃることと思います。
今回はパーティーシーズンに向けてドレスの選び方の初歩的なヒントを書き綴ってゆきます。

ドレスを選ぶ前にまず自分の体型を把握すること

ここで紹介する体型分類はいま流行りの骨格診断とは考え方は違います。
体型分類は下記の5つのタイプがあります。

※上記はこのブログで何度か掲載した画像です^^

まずは自分の体型(シルエット)はどれに近いか?大まかでもよいので確認すること。

例えばAタイプだったとしたら、選ぶドレスのシルエットをAラインに近い形のドレスを選ぶこと。
それは自分に似たものは自分に無理なくマッチするから。「類似の法則」ですね。
この体型分類はあらゆる装いを考える際に要となる部分のひとつ。確認し把握しておくとお得です。

どういうファッションイメージのドレスを望んでいるのか?イメージを固めること

ここでは体型分類のAタイプを例に挙げてみます。

体型分類Aタイプの方はシルエットはAラインのものが得意です。
同じAラインのドレスでもファッションイメージとしてどのように仕上げたいのか?によって選ぶドレスが違ってきます。

例を上げると、

モダン且つシンプルに仕上げたい場合。

こんな感じ。無駄のないミニマム。コンパクトですね。

もしくはフェミニンで可愛らしく仕上げたい場合。

このような感じ。レースとリボンが女性特有の可愛らしさをにじみ出しています。

同じAラインシルエットでも素材感やドレスに用いられているディテールによりファッションイメージが違ってきます。
どのようなファッションイメージで仕上げたいのか?ドレスのチョイスにより並行してコーディネートする靴、バッグ、アクセサリー類も自ずと定まりやすくなります。
このことを意識してドレスアップ計画を立ててみること。

パーティーなどの集まりの時間、場所や趣旨に合わせて選ぶこと

上記の体型分類、ファッションイメージを明確にすることも大切ではありますが、これらにプラスして考えることはパーティーの時間、場所や趣旨等も念頭に入れて確認すること。
昼間のカジュアルなパーティーなのに露出の激しいイブニングドレスで現れたらただの空気の読めない残念な人となってしまいます。(オーバーな表現ですが^^;)
ひと言でいいますとその集まりの時間、場所や趣旨などを含めて「この装いでいいのか?」と俯瞰的に想像確認することも必要だったりします。

周りの人が貴方のドレス姿を見て、尚且つ貴方自身もそのドレスを身に着けてしあわせな気分となるのか?

せっかくドレスアップを楽しめる機会ですから、やはり自分がそのドレスを身に着けてモチベーションが上がるのか?しあわせな気分になるのか?これらの気持ちに妥協することなく自分の気持ちに正直になることも大切なポイント。
ドレスアップの装いだけではなく、日常の装いに置いても「モチベーション」は大切な部分でもあります。
人はああだこうだいっても理屈ではすまされない感情的な感覚を持っています。身に着ける装いひとつでその場で心地よく過ごせるかどうか?左右されます。
また自己満足だけではなく、周りの人が貴方のドレスアップした姿を見てしあわせな気分となるといいですよね。
楽しいパーティーシーズンとなることをお祈り申し上げます☆

ブログ内の関連記事

コメントはまだありません

Comment form

Trackback URL