第一印象。一体自分は他の人からどのような印象を与えているのか?
。。知りたい。。でも怖い。。でも知りたい!

知った後、自分が他の人に与えていると思われている第一印象と、
他の人が自分に対する第一印象と
かなりのギャップがあるという事実を知った後の絶望感といったら。。

でもギャップがあるから悪いということではないのですよ。
その自分が気がついていなかった、
また自分で気がついていたのだけれども、
自分は気に入らない、できれば避けたい!第一印象でも、
それが逆に、
『あなたの最強のチャームポイント』だったりするのです。

例えば、ONOの場合。若かりし頃より初対面の人によく言われること
「きちんとしていますね」
「しっかりしていますね」
「年齢より老けて見えますね」
以上。

当初、そのように言われとても嫌でした(苦)
自分で自覚していましたが。
堅苦しく、おまけに叔母さんのように見られているのかな・・と(苦)

でも思ったこと。そのように見られることは自分のチャームポイントだったりして!と。
この第一印象を受け入れ自分の装い上、

「きちんと感」

を軸とすることを決めたのです!
仕事のときも、カジュアルなときも。

決めて約15年経とうとしています。
おかげ様で軸を決める前に比べ、今は初対面の人にも顔を覚えていただく確率が
グッと上がりました。
おそらく、「第一印象=外見」と「内面」が一致したから
なのだと。
この「外見」と「内面」が一致することにより、
自分自身もブレにくくなる。
そして並行して、
他の人にも強く印象付けることができてくるのしょう。

この装い上で決めた軸「きちんと感」は時代の流れに合わせて変化させてきました。
これから先も「きちんと感」はよほどのことがない限り、
装い上の軸として自分なりに極めてゆきます。

長くなりましたが、

★人に与えている第一印象、
★自分が思っていた人に与えている第一印象

両者にギャップがあっても
それが悪いということはないのです。

またその第一印象が自分では気に入らないとしても、
逆にその第一印象は他の人から見ると素敵なチャームポイントとなって
映っている場合も多いのです。

既に今ある第一印象の中にある、あなたの最強のチャームポイント。
見直して輝かせてみませんか?

ブログ内の関連記事

コメントはまだありません

Comment form

Trackback URL