先日とあるオイスターバーへ。
店内の白く斬新な壁面に目が釘づけ@@。

img_20161021_114133

白は「清潔さ」の象徴。
特に牡蠣を扱う飲食店にはピッタリな色の選択だと。
それは一般的に牡蠣は鮮度が命。
クリーンな印象をお客様へアピールすることに長けた色は白だから。

また白は『冷たい』印象を与える要素があります。
しかしオイスターバーの壁面に施してある白の牡蠣の殻たちの温かさを感じる
素材感により、白の冷たい印象が軽減されています。

白のクリーンで且つ、オースターの殻の温かさの感じられる素材感を
活かした壁面。
オイスターバーに求められるものを表現した演出にちょっと感動いたしました^-^☆

ブログ内の関連記事

コメントはまだありません

Comment form

Trackback URL