外見に対して、 「これはカッコ悪い」、 「これはカッコ良い」、 と思っていることって自分の中にあることだと思います。
外見的「カッコ良さ」って誰が決めるのだろう?と、 ふと考えを巡らせてみました。 カッコいい
自分の中にある外見的な「カッコ良い」って、 自分の好み、こだわりが多く関わっていることなのかも。
自分では気がつかない、自分らしい「カッコ良さ」って 周りの確かな目を持っている人が気づいていることが多かったりします。

ですので結局のところ、 外見的「カッコ良さ」は周りの人が決めてしまうことが 断然多いのかなって。
だからといって自分の中にある外見的「カッコ良い」って 自分のためのモチベーションのカケラだったりするので、 とても大切な要素。

●自分の好みやこだわりの「カッコ良さ」
●他の人から見た自分に合う「カッコ良さ」

この2つのさじ加減この2つの差が縮まる
問題なくその人らしい「カッコ良さ」を キープできる気がします。

ブログ内の関連記事

コメントはまだありません

Comment form

Trackback URL