仕事の合間に。気分転換として。
3月2日まで江戸東京博物館で展示されていた 「大浮世絵展」の書籍を眺めています。
実際に大浮世絵展を鑑賞し、 ひとつ印象に強く残っている浮世絵があるのです。
それは 鈴木晴信作「雪中相合傘」
派手さはないのですが、 なぜか惹かれてしまいます^^。 雪中相合傘

この浮世絵を見るたびに思うこと
それは、 「神は細部に宿る ということ。

男女が黒と白の着物をまとっています。
黒白のコントラスト。 目を引く要素は大いにあることは確か。
でもでもよく見ると、女性の着物は白ではなく、 最も白い部分は傘や木に積もった雪などだったりする。

また女性の着物をよくみると、薄らと模様が施してあります@@。 雪中-ズーム

浮世絵って線で表現されているので、 見方によっては とても簡素で単純に見えてしまいますが、
よ~く見ると細部まで計算されて表現されているものが多い

「神は細部に宿る」。。。

浮世絵だけではなく、私たちのまわりにあるものなどで なぜか心惹かれるものって、 よ~く観察すると、
細部まで気を使っているものが多かったりする
装いに関しても同じことが言えるのかな?と。

身にまとう服、時計、アクセサリー、靴、鞄、メイク、髪型、指先、香り。。。
この雪中相合傘を眺めれば眺めるほど

「神は細部に宿る

という言葉が頭の中で 繰り返し響いている感覚に陥ってしまっています

ブログ内の関連記事

コメントはまだありません

Comment form

Trackback URL