オーバー36となると。
外見的に

・若々しく見える人
・そうでない人(そうでなくなる人)

この分かれ道とは? 3つ上げられるのではないのかな~と思われます。

その①
:肉体の衰えに対して、 どのように向き合って対処してゆくのか?
36歳を過ぎると、個人差があるとしても、 確実に肉体は衰えてきます。
若かりし頃、美男美女という
先天的容姿に恵まれていても、 みんな衰えてゆくのです。

先天的に容姿に恵まれていても、
36歳を過ぎると、 後天的要素がものをいうような気がします。

例えば、小野は30代半ばまでは、
どんなに飲んでも食べても身長161cmに対し、
体重は40kg前半くらいでした(今じゃ考えられない・・・)

しかし!それ以降はそうもいかなくなりました(涙)
人の身体は年を重ねるごとにエネルギー代謝が低下します。
ですので、10、20代の頃のような無茶食いをしてしまうと、 エネルギー代謝が衰えているのですから、
食べてエネルギーに変えることの出来ない余分なものは 身に付いてしまうのです。

何をいいたいのかというと、

10代、20代、30代前半の身体に対しての行いは、
年を重ねるごとに通用しなくなる

と思ったほうが良いということです。

つまり、
年を重ねたら重ねた成りの 自分の身体に合った対処をする必要が出てくるということです。

運動、食べ方もしかり、 若い頃からチョイスしていた基礎化粧品を見直すなど。
若々しく見える人に話しを聞くと、
天然であっても、意図的であっても、
その人にとって理にかなった対処を行なっています。

車だって、未来永劫、新車ではないということと同じ。
車を長く乗り続けたいのであれば、車の調子に合わせて メンテナンスをする。

自分の身体は衰えてゆくことは当然のこと。
だからこそ自分の身体を大切にメンテナンスする。

このことを心がけるだけでも、
年を重ねても無理なく若々しく見えていられるのではないのかな?
容姿だけのことではなく、

年を重ねても生き生きと過ごしたい★★★
わたしもがんばります

その②は後日につづきます

ブログ内の関連記事

コメントはまだありません

Comment form

Trackback URL