ハロウィンが過ぎ、街のディスプレイはクリスマスカラーに彩られてきました(早!)

上記の画像は川崎ラゾーナのエントランスでございます。
遠くから見るとキラキラ輝き、視線が引き付けられます。
なんだかわくわくしますよね★★★

通常、クリスマスの配色というと「赤」×「グリーン」が定番として上げられます。
今回の川崎ラゾーナ
エントランス・クリスマスディスプレイの色の組み合わせは 「ゴールド」×「グリーン」であります。
※下記はエントランスのディスプレイに近づき写メしたものです。 ゴールドと緑の組み合わせが美しい★★★

ほほ~。これはいいかも! と思ったのは
「見え方のバリア・フリー」を思いついたから。

人により、色の見え方に個性というものが存在します。
生まれ持って、赤、緑の識別が難しく感じる方がいるのです。
赤、緑の識別が難しく感じられる個性を生まれ持った方は
赤と緑は純色(もっとも純粋な色のこと)では、
色の明るさの度合いが同じくらいですので 識別がさらに難しいのです。
(赤と緑の純色をモノクロ写真の世界と置き換えて 想像されるとわかりやすいかも)

ですので、ゴールドは黄色に近い色です。
黄色は明るさの度合いが高いので、
(黄色をモノクロ写真に置き換えると 白に近く写りこむ)
赤と緑の識別が難しい方にとっては 見えやすい組み合わせとなるのではないのかな~と。

ゴールドと緑は明るさの度合いに幅があるので 、
【明度差のあるコントラスト】の効いた組み合わせとなるのです。

圧倒的に多い健常者と呼ばれる人のための色の組み合わせから、
見え方の個性のある人までも楽しめる色の組み合わせも 世の中に浸透しつつあることを願っています。

「色の組み合わせにも思いやり・愛を

ブログ内の関連記事

2 件のコメントかトラックバック

  1. Comment by ももたろ2010年11月8日

    ご無沙汰してます。

    先日日本理化学工業と言う会社見学に行ってきました。

    74人の従業員のうち、55人が知的障がい者で、

    うち26人が重度の知的障がい者(IQ50以下)なのですが、

    言葉を認識できない人でも仕事が出来るように

    色を使って認識出来るように工夫されていました。

    いろいろな方法があるとあらためて感じて帰ってきました。

  2. Comment by 小野千夏|2010年11月9日

    >ももたろさん
    ご無沙汰しております。お元気でしょうか?

    色を使って認識できるように工夫されている会社。
    素晴らしいですね!

    障害を持っている方が使いやすい、認識しやすいものは
    健常者といわれるわたしたちにとっても
    とても安全で使いやすいものですよね。
    とくに工場などの施設は安全性が求められますので、
    見え方のバリアフリーはどんどん増えてゆくのでしょうね。

    ・・・そのようになってほしいです。

Comment form

Trackback URL