部屋にあるマリメッコのパネル★
色と植物柄に惚れ購入☆花の部分は「ラベンダー」。
葉と茎の部分は「緑」と「黄緑」。 眺めるだけでも心和みます~♪

色にはメッセージがあります。
生理的メッセージと記憶的メッセージ。
そして知識的メッセージが。

「ラベンダー」は純色である紫に近い色のエネルギーを薄めた色。
ですのでドギツイ印象はなく、かえって柔らかい印象が残ります。
それも薄いピンク色とは違う知的な柔らかさを感じます。
それはおそらく青の要素が入っているから。

また記憶、知識から アロマのラベンダーのリラックス効能があるものと認識しているため
この色を見ると癒されるという感覚に陥ってしまう感があります。

「緑」は見ることにより脳内で生理的な反応が起こり、
アスチルコリンというストレスで疲れた細胞を活性化するホルモンが分泌されます。

「黄緑」は成長ホルモンの分泌を施します。
植物の葉の色、森林の色合いは黄緑の世界です。
緑溢れる自然に身を任せるとリフレッシュする~~~ということはウソではないですね。

色のメッセージだけクローズアップされてしまいますが、
形も十分大切な要素です。

もしこのパネルの絵柄が幾何学的な尖がったものだったら?
・・・部屋に飾ることを目的としたら小野は購入しません。
このパネルを見ただけでも、寒々しい印象が倍増されるから。

色と形が連結しあって、 印象が確立されるものだと。
このパネルを眺めるたびに思い返しております。

ブログ内の関連記事

コメントはまだありません

Comment form

Trackback URL